2011年07月26日

★ 勝手に夏休み・その4 ★ ナカイ

前回より・・

悪名高き悲劇の現場「強制収容所」は、やがて膨大な数に及んだ人数を収容しきれなくなり、少し離れた場所に第二収容所が作られました。
それが“第二アウシュビッツ”と言われるビルケナウです。
Photo
列車の引込み線跡。
ここに送り込まれた人間が、再び生還することは
ありませんでした・・[E:weep]
1 Photo_2
遠く左奥に見える工場のような木造の建物では
一棟に捕虜たちがギュウギュウ詰めの状態で収容されていました。
一棟に800名も詰め込まれ、硬いベッドに転がされ
ロクに食事も与えられず・・・
劣悪な環境下で無意味で過酷な労働を課せられる日々。
いかに屈強な人間も、やがてやせ衰え命尽きて死んでいったのです。
今この建物はほんの数棟しか残っていませんが、
かつては広大のこの平原いっぱいに建ち並んでいました。

※ 思わず写真を撮るのも辛くなった場所・・
 これ以上シャッターを切ることはできませんでした。

No more War 

長い歴史の中・・
何故人間は愚かな殺戮を繰り返してしまうのでしょうか[E:sweat02]

posted by FM香川 at 13:00| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

富士山から帰った日に待っていたのはオオカミ男だった(蒲野)

富士山から帰ってきて、今日は通常営業。



今日は、午前中にミュージシャンゲストが有ったのですが、やって​きたのはこんな人、いや、こんなケダモノ。Man With A Mission(MWAM)のギター・ボーカル、Jean-Ke​n Jhonny(ジャンケン・ジョニー)さん。



110725mwam_2




なんと、MWAMは、19XX年に、マッド・サイエンティスト、​ジミー・ヘンドリックスによって作られた、顔は狼・体は人間とい​う未知の生命体「5匹組」のバンド。南極の氷に閉じ込められてい​たが、最近の温暖化により氷が溶けて、2010年、ついに蘇って​しまった彼ら。



いつでもどこでもこの格好なんですか?と聞けば「アタリマエデス​、コレガスガオデスカラ」と、平然と答えます。狼と人間が融合し​た未知の生命体にしては、タドタドしくも古風な日本語を操り、時​にツッコミ、礼儀正しい。そして受け答えがイチイチ爆笑でかなり​ノリがいいオオカミ野郎です。



全米ツアーでエアロスミスのスティーブン・タイラーが「クール!​」と叫んだのはポスターを見たビジュアルについてですが、実際に​圧倒的なパフォーマンスは世界的に話題になっている模様。MWA​Mは、8/20-21のモンスターバッシュ、二日目のアサイチに​登場!ガウガウと野生の血で暴れまくる彼らに乞うご期待!



PVはこちら



この後は松山プロモーションだったようですが、当然「素顔のまま​」JRに乗り込んだんでしょうね(笑)



来社から打ち合わせ、収録、帰りのタクシーもこのまま乗り込んで​帰って行きました。向こうの歩道で子供たちに見つかり、「なんだ​アレは!」「オオカミ男だ!」と指を指されていましたが、彼らに​向かって何時までも手をふっている後ろ姿も印象的でした(笑)



う〜ん、いいオオカミだ。
posted by FM香川 at 19:42| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

★ 勝手に夏休み・その3 ★ ナカイ

目的のひとつ、アウシュビッツ強制収容所見学(ポーランド)[E:sweat02]
Photo
入口鉄の門「ALBEIT  MACHT FREY」 の文字が。
「働けばいつか自由になれる」
しかし、収容された人間が自由になって帰ることはなかった・・ [E:crying]
Photo_3  Photo_4 Photo_5
敷地内にはドイツ兵の宿舎や捕虜収容所の建物が立ち並び・・
Photo_6 Photo_7 Photo_8
上段左2つの写真の建物内は、
現在資料館として見て回ることができます。
Photo_9
悪名高きあの“ガス室”で使用されたのは
実は“殺虫剤”だった!(猛毒薬品名“チクロンB”)
(おびただしい数の使用済み空き缶が展示されています。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もともとは国内の政治犯や凶悪犯を収容していたこの場所も
あっという間にユダヤ人の数が膨れ上がり、
別の敷地に“第二収容所”ビルケナウが作られました。

    ー つづく ー

posted by FM香川 at 12:16| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする