2011年07月25日

富士山から帰った日に待っていたのはオオカミ男だった(蒲野)

富士山から帰ってきて、今日は通常営業。



今日は、午前中にミュージシャンゲストが有ったのですが、やって​きたのはこんな人、いや、こんなケダモノ。Man With A Mission(MWAM)のギター・ボーカル、Jean-Ke​n Jhonny(ジャンケン・ジョニー)さん。



110725mwam_2




なんと、MWAMは、19XX年に、マッド・サイエンティスト、​ジミー・ヘンドリックスによって作られた、顔は狼・体は人間とい​う未知の生命体「5匹組」のバンド。南極の氷に閉じ込められてい​たが、最近の温暖化により氷が溶けて、2010年、ついに蘇って​しまった彼ら。



いつでもどこでもこの格好なんですか?と聞けば「アタリマエデス​、コレガスガオデスカラ」と、平然と答えます。狼と人間が融合し​た未知の生命体にしては、タドタドしくも古風な日本語を操り、時​にツッコミ、礼儀正しい。そして受け答えがイチイチ爆笑でかなり​ノリがいいオオカミ野郎です。



全米ツアーでエアロスミスのスティーブン・タイラーが「クール!​」と叫んだのはポスターを見たビジュアルについてですが、実際に​圧倒的なパフォーマンスは世界的に話題になっている模様。MWA​Mは、8/20-21のモンスターバッシュ、二日目のアサイチに​登場!ガウガウと野生の血で暴れまくる彼らに乞うご期待!



PVはこちら



この後は松山プロモーションだったようですが、当然「素顔のまま​」JRに乗り込んだんでしょうね(笑)



来社から打ち合わせ、収録、帰りのタクシーもこのまま乗り込んで​帰って行きました。向こうの歩道で子供たちに見つかり、「なんだ​アレは!」「オオカミ男だ!」と指を指されていましたが、彼らに​向かって何時までも手をふっている後ろ姿も印象的でした(笑)



う〜ん、いいオオカミだ。
posted by FM香川 at 19:42| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする