2011年08月21日

モンスターバッシュ二日目☆井川

モンバス二日目もあいにくの雨・・・しかも、昨日より強く降り注ぐ雨・・・

ボクの記憶では、恐らくこんなに雨が降り続くモンバスは初めてです。

しかし、お客さんのテンションは、朝から別の意味で振り切ってました(^^)

午前9時40分!龍神ステージのオープニングアクトとして、MAN WITH A MISSIONが演奏をスタートする頃には、もう朝とは思えないほどの人数とスゴイ盛り上がり!!みんな夏が終わるのを惜しむように、目一杯楽しんでいました。続く、空海ステージのオープニングアクトは、[Cahmpagne]!会場の勢いは止まりません。正直、ボクのこれまで見た中で、最高のオープニングアクト二連発でした。

そして、本編一発目は、四国が誇るコミックバンド四星球!きっちり一番バッターの役割を果たしてくれました。(ま、かなりクセのある一番バッターだけどね)午後にかけて、雨がさらに激しく降る時もありましたが、お客さんのテンションは下がるところか、どんどんヒートアップ!東京スカパラダイスオーケストラでは、老若男女が踊る、踊る、踊る!マキシマム ザ ホルモンでは、革命が起こるんじゃないかと思うほどの盛り上がり!!大トリ、ACIDMANまで、まんのう公園は、刺激的かつ感動的な空間となりました。

S_2

朝からあいにくの雨・・・バックヤードの様子

S_3

雨にも負けず、朝から、お客さんのテンションは上がりっぱなし!

Smwam

↑MAN WITH A MISSIONと共に・・・

Schampagne

↑[Champagne]と共に・・・

Sncis

↑Nothing's Carved In Stoneと共に・・・

S_4

↑イベンターであるデューク寺坂氏と共に・・・

☆☆☆☆☆

MONSTER baSH 2011、今年も最高の二日間をありがとう!
すべてのアーティスト、すべてのスタッフ、そして何よりモンバスを愛するすべてののオーディエンスが、この二日間を作り上げたのだと思います。雨でビチョビチョになったけど、今年も忘れられない素敵な夏の思い出が出来ました。
THANK YOU!SEE YOU NEXT!

posted by FM香川 at 23:59| Comment(0) | 井川 達雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

モンスターバッシュ初日☆井川

四国最大の夏の野外ロックフェスティバル「MONSTER baSH」!今年ももちろん行ってきましたっー!!小雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気でしたが、観客の皆さんは、朝から気合い十分。気温は上がらなかったものの終始、熱いロック魂全開でした。

back number、a flood of circleのオープニングアクトの後、Dragon Ashによる本編がスタート!朝からDragon Ashとは、なんとも贅沢な幕開け。そして、SHAKALABBITS、HY、毛皮のマリーズ、サンボマスター・・・怒涛のゴリゴリ!!幸せでした。ラストの9mm parabellum bulletまで、本当に心の底から、音楽の素晴らしさを実感しましした。

明日も最高の一日になりますように!

私井川は、今年も、ステージ終えたアーティストたちの声をバックヤードで次々と収録。後日番組でオンエアするのでお楽しみニンニン!

Photo

あいにくのお天気にも関わらず、オーディエンスのボルテージは上がりっぱなし!

Photo_2

二日目出演の四星球は、初日からバックヤードをウロウロ・・・康雄くんとU太くんは、終日ケイタリング(楽屋の食事)を食べまくり(笑)

Photo_3

これが、毎年出演者が虜になるモンバスのバックヤードで食べられるうどん。香川県内の超有名な〇〇製麺所さんが来られています。まさに移動店舗!

Photo_4

インタビューやコメント収録を行うプレスルームにて

Waon

今年は、会場内にWAON特設ブースが構えられていました。また、モンバスオフィシャルグッズ売り場では、一般レーンとは別に、WAON専用レーンが設けられ、キャッシュレスで、すいすいとグッズを購入していくお客さんがたくさんいらっしゃいました。

Photo_5

夜になり、ステージには照明が・・・いよいよ本日のクライマックス!

posted by FM香川 at 23:18| Comment(0) | 井川 達雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

富士山だより 2011 Vol-2(蒲野)

早いもので、今年のコスモ アースコンシャスアクト クリーン・キャンペーン in Mt.Fujiから3週間が過ぎてしまいました。そんなこんなしている内に、秋のクリーン・キャンペーン in 香川の清掃場所を探して申請書を書いたり、慌ただしく時間は過ぎ、記憶が遠のく前にまとめておかねば・・・



さて、前日の桧丸尾キャンプ場での不法投棄との戦いを終えて、二日目はおまちかねのエコトレッキング。朝6時に宿を出発し、ガイドの富士山クラブの皆さんを拾って3合目へ・・・



今年、香川隊の所属するグループを率いるのは、なんと香川から富士山クラブスタッフとして参加している「チョーさん」。まずは、昔バスターミナルだった広場で富士山の歴史などを簡単にレクチャーを受けて、準備運動を済ませたら、いざ出発。



Photo_5



9回目参加の僕は、すっかり「門前の小僧、習わぬ経を読む」状態で、先頭のチョーさんの代わりに、殿軍(しんがり)でリカちゃん親子にガイドのようなことをしておりました(笑)。



Photo_6



僕が、富士山の自然の中で一番好きな現象が「倒木更新」です。そもそも川がない富士山でどうしてこんなに豊かな森が育つのか?それは、倒木にむした「苔」のおかげ。



苔は地面を広く覆っていきますが、台風などで倒れた木にも別け隔てなくむしてゆきます。実は、この苔が保水剤の役目をなすわけです。ここに上から木の種子が降ってくるのですが、同じ苔の上でも、倒木の上に落ちた種子のほうが日当たりが良くなって、より育ちやすい状況になります。そして、いつしか大きく育った木は、倒木が苔の水分によって朽ちて、崩れて、肥料になるおかげて更に大きく育つことが出来ます。



富士山の森の中の巨木には、大きく根が盛り上がって空洞を抱えたものが少なくありませんが、この盛り上がった所が、以前倒木のあった空間です。この見事な命の連携プレーを知ると、今まで「終末」の象徴だった苔が「始まり」の象徴に思えてくるから不思議です。



Photo_7



もう一つ覚えておくといいのが、上の写真でリカちゃんが手にしているもの。



富士山の森の中では、樹の枝から蜘蛛の巣が絡んだようなものが引っかかってとても汚く見える場面があります。これはサルオガセという地衣類で、菌類と藻類がメリットを分けあいながら生きている(共生)姿なのです。大気汚染に非常に弱いので、サルオガセがあるということは、そこが非常に空気がいいという証拠ですから、「不気味」「汚い」なんて言わないでくださいね。



2
▲サルオガセ 注:画像は、こちらのサイトからお借りしました。



この時期は、色々な花が咲く富士山ですが、特に美しく、芳しいのが「シャクナゲ」です。四合目あたりからたくさん咲いています。



Photo_9



小学生のリカちゃんには、まだ富士山の自然の素晴らしさと危うさについてはピンとは来ていない模様。でもいいんです。「しんどい思いをして、沢山の大人に混じって、お父さんと富士山の森の中を歩いた」という記憶さえ残っていれば。お父さんと富士山の思い出を語る内に、いつか「いい体験だった」と思える時が来るでしょう。



ところで、富士山クラブの皆さんは、色々なアイデアで参加者を楽しませようとしてくれますが、今回チョーさんが持ってきてくれたのは「思い出の窓」という白い紙の枠。これを通して覗いた風景を心のキャンバスとして覚えておいてくださいね・・・ということで、リカちゃんは野口健さんと一緒に窓に収まりました(笑)



Photo_8



更に進むと、深い森の木が、急に人の背丈程度に低くなるポイントがあります。



木は、富士山の火山活動で素っ裸になってしまった山肌を、倒木更新を繰り返しながら少しずつ上へ上へと登って行きます。しかし、この標高になると寒さと風に阻まれてなかなか大きく育てないのです。ここまで来ればもうすぐ五合目・・・残念ながら、昨日の素晴らしいお天気と打って変わって、この日は深い霧の中を進むような感じで、快適な涼しさだったものの、富士山の頂は見ることが出来ませんでした。



Photo_10



さて、僕は・・・といえば、富士山に参加するようになって、今年で10年(一回、台風で中止になったので、回数としては9回)目ともなると、さすがに体力の低下も馬鹿になりません。途中で拾った手頃な朽木の枝を杖にして、今回も無事五合目までたどり着きました。



Mystaff



勿論、富士山にあるものを勝手に持ち帰るのは厳禁ということで、五合目に到着する直前で森の中にお返ししました。



Photo_11



五合目のレストランで、カレーライスを食べたら慌ただしく閉会式が行われ、しんどくて、楽しかった二日間も終りとなります。参加した人たちの(特に某局のワンパク坊主!)の感想を聞いても、いかにこの富士山が印象的だったかがよく解ります。リカちゃんは、このことを夏休み明けの壁新聞の記事にしてくれるそうです。一体どんなことを買いてくれるんでしょうか?是非見てみたいな。



Photo_12



お父さん、少々疲れ気味ですが、リカちゃんと思い出深い夏休みになってヨカッタですね。さぁ、来年は貴方もご一緒に!



その前に、今年の秋のクリーン・キャンペーン in 香川でお会いしましょう!
posted by FM香川 at 20:03| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする