2011年11月02日

チラリ|゚з゚)恵美ぶろぐ。。お遍路の旅・捌

更新が大変遅くなってしまいましたが、お遍路の旅も後半戦!
ついに、涅槃の道・讃岐入りを果たしました!!
それでは、秋の気配を全身に感じつつお参りした、第八弾のレポートと参りましょう。
今回も、一緒にお参りをしているつもりで、是非、ご覧下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

第60番 横峰寺

西日本最高峰の石鎚山。
その石鎚山系の深い山の中にある横峰寺。

Photo_2

林道が整備されてからは、大変参拝しやすくなったのですが、
冬場は通行止めになったりするので、注意が必要です。

そして、参道で鬼灯発見。

Photo_6

綺麗な朱色が、足元を照らしてくれているようです。

第61番 香園寺

Photo_5 


ホールのような香園寺の大聖堂が、何ともモダンな雰囲気。
2階に本堂と大師堂があります。

第65番 三角寺

駐車場の近くには、コスモスが!
今年はじっくり見ていなかったような気がするので、嬉しかったです!

Photo_8

そして、春は本堂前の山桜の老木が見事に咲き誇るそうです。
この寺を訪れた小林一茶もここで一句。

「是でこそ 登かひあり 山桜」

そう、境内へ続く石段がかなりのもの。
踏ん張りどころです。

春にもう一度来たいな〜♪

なんて思いながら上りきると、なんと季節外れの桜が…

Photo_7
春の桜と秋の桜!
ふたつの桜を見る事が出来ました!!

Photo_9

第66番 雲辺寺

讃岐の国、最初の札所ですが、住所は徳島県。
標高911mと、四国霊場でいちばん高い所にあります。
というわけで、雲辺寺のロープウェイで上へ。
かつては「遍路ころがし」と言われた難所ですが、今は約7分で到着。

Photo_11 

こんな感じで県境!
誰もが一度はやるお約束のポーズということで(笑)

秋は見事な紅葉も楽しめますし、参拝はすっかり楽になりましたが、
気持ちはしっかり引き締めて参りましょうね!

そして、雲辺寺といえば、五百羅漢像。

Photo_12
表情豊かな羅漢像の中には、アナタそっくりのお顔があるかも?

私もいつかはこんな感じで…?

Photo_14
あ、斜面が危険なので、良い子は真似をしないで下さいね!

Photo_15

第68番 神恵院
第69番 観音寺

この2つは、同じ境内にある霊場。
2つの寺名を左右に掲げ、納経所も共通です。

Photo_16

神恵院の本堂は、現代的なコンクリート造り。
一方、観音寺の金堂(本堂)は、国の重要文化財です。

第70番 本山寺

Photo_17
兵火を免れ、現在も当時の姿を留めている本堂は、
鎌倉時代に建立されたもので、国宝!

そして、戦国時代、長宗我部勢の襲撃にあったとき、阿弥陀如来が僧に化身し、
腕を切られながらも寺を守ったと伝えられています。
「太刀受け阿弥陀」と呼ばれる像には、今でもその当時の傷が残っているとか。

++++++++++++++++++++++++++++++++

さぁ、いよいよ香川県に帰って参りました。
安全運転で、残りの札所も無事参拝出来ますように…。

posted by FM香川 at 20:38| Comment(4) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする