2012年03月28日

とり天うどん☆井川

揚げたての天ぷらって、やっぱりうまい!

Photo

本日のランチ
「とり天うどん 450円」

posted by FM香川 at 19:31| Comment(0) | 井川 達雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒が飲めたらなぁ(蒲野)

とある送別会の二次会に、これまたとあるアイリッシュパブに連れていかれました。



高松駅近くの、さらにまたとあるビルの二階に、人目を避ける様にあるこのパブ。実は大変なお店のようです。下の写真を見て「を・・・」と思った方は、相当なビール好きですね?




120327ileishpub_2



隠れ家は隠れ家としておいておくために、その理由とこれ以上の情報は申し上げません。



このオーナーは東京の方ですが、高松がアイルランドの「ゴールウェイ」という町とよく似ているのでここで店を開いたとおっしゃいます。いつもニコニコしてすごくいい感じの方なのですが、僕が「ビールが飲めない」と解ると「困ったな」というか、はっきり言って「オマエ、何しにきたんだよ!」という雰囲気がありあり。もうその先は、僕なんか視野にないのは、心地よいまでの切れ味の良さ(苦笑)



正直言って、それは寂しいものでした。でも、ここで「腹を立てる」と、僕のほうが負けなのです。だって、ここはパブなのですから。それは、マスターの、アイルランドでのお話を聞くとよく解ります



曰く・・・



アイルランドでパブに行くでしょ?もう日本人というだけで・・・いや、向こうにとっては日本人も中国人も韓国人も、みんな「アジア人」で一括りですから、一斉に僕を見て「ん?このアジア人は何飲むんだ?」という、値踏みするような目で見てるわけですよ。そこで、ギネスを頼んで、飲んで、「あ〜、美味い!」といえば、それで向こうはニヤ〜ッと笑って、肩なんか抱いてきて「そうだろ〜?」・・・って感じ。でもって、「ここのも美味いけど、あの店のも美味いぜ・・・」なんて風に話が弾んでいくんですよ・・・と。



高橋優さんは「世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔」と歌いましたが、「大人の世界の共通言語は笑顔に加えてアルコール」なんですね。共通言語を持たない僕に、マスターが「オマエ、何しにきたんだよ」という眼を向けるのは当然なのです。



お酒を飲めないというのは、世界の半分を楽しめないと言うことなのですね。幸い、全く飲めない体ではありませんから、これからでも、ちょっとずつ飲めるようになりたいものです。
posted by FM香川 at 10:46| Comment(2) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

2012年最初の読書モード

僕の場合、放っておけばついついネット依存の寝不足・眼精疲労になってしまうので、時々自分を「読書モード」に入れて体と目を休めてやります。



最近の読書モードは、主に塩野七生さんの「ローマ人の物語」の文庫本シリーズで、コンプリートするのに数年を要しました。なにせ、最後の数巻は単行本に追いついてしまって、一年づつ待たされましたから。でも、この本のお陰で「世界史」の面白さにのめり込みました。



一方、司馬遼太郎・藤沢周平・池波正太郎・佐伯泰英・宮部みゆきと言った人たちの作品によって、戦国時代から江戸、明治にかけての時代も、非常に面白いと気が付きました。そういう流れの中に降って湧いてきたのが・・・そう、他局の話で申し訳ありませんが「平清盛」です。



もともと、理科・数学よりは国語・英語が好きな文系人間で、「古典」には興味がありました。また、「琴平どれじゃ〜ハンティング」の甲山さんとも「金刀比羅宮の歴史の面白さ」を話しあっているうちに、崇徳上皇の悲劇は、ここ香川県で終結していることなどで盛り上がり、「屋島というハイライトの土地にいながら、平家物語を読んでいないのは勿体ない!」という事に落ち着いたところだったので、まさにドンピシャなタイミングでした。



残念ながら、ドラマの方は様々な要因であまり盛り上がっていないようですが僕は非常にハマっています。これまで「悪者」としてしか見て来なかった平清盛も、よくよく調べてみると非常に魅力のある人物だということも判ってきました。マツケンの平清盛は、多少三枚目な感じですが、案外にこんな人だったのかも知れません。



そんな訳で、ついに、2012年最初の読書モードは「平家物語」に決定!中でも原文・現代語訳・解説が充実しているという「講談社学術文庫」版・全12巻に狙いを定めて、きのうネットで1巻を発注しました!



Photo



届くのが楽しみです!

posted by FM香川 at 14:21| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする