2012年05月04日

【「肥土山農村歌舞伎」鑑賞!】 ★ ナカイ ★

5月3日、株式会社「風向」の豪華クルーザー“カタマラン”で行く
小豆島は「離宮八幡神社春季例大祭ー肥土山農村歌舞伎」
鑑賞ツアーに参加[E:paper]
高松からは[E:ship](上記のクルーザー“カタマラン”でゆっくり
クルージングを楽しみながらの小豆島入り。
土庄港からは車で移動、目指せ、肥土山![E:car]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[E:camera]上演風景・・・
009_3  010
午後3時、主催者挨拶の後、最初の演目は『三番叟』(さんばそう)
011_2  016
花道脇の壁には、“お花”と呼ばれる心付けの寄進者が貼り出され・・
023_3
見よ!地元の子供たちの名演技。
会場からは惜しみない拍手とおひねりが・・[E:eye]

024_2
我々ツアー一行の元にほどなく届いたのは・・・
待ってました「わりご弁当」[E:heart04]
「わりご弁当」とは、農村歌舞伎鑑賞には欠かすことのできない
おか持ちのような木の箱に収められて呈される
お弁当のこと。
「お・美味しそう[E:coldsweats01]」
026_2 
出して並べる・・(注:数はまだまだあります。)
[E:riceball][E:bottle][E:wine]・・しばし、飲んで食べて、しっかり鑑賞。
027  028
030  033_2
035

地域に根付いた神聖な神事としての奉納歌舞伎。
老いも若きも力を合わせてとりくむ伝統芸能の世界に
しっかり酔いしれて・・・

大満足の一日でした。

秋は場所を変えて、「中山の農村歌舞伎」も。
皆さんも一度ご体験あれ[E:happy01]  

posted by FM香川 at 14:09| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする