2012年05月30日

日本の夏、節電の夏(蒲野)

全国の原子力発電所が全て停止し、その再稼働のめどが立たない中、四国電力では、伊方原発が再稼働しない場合の電力需給対策として、四国内の企業に向けて7%以上の節電目標を設定し協力を求めています。これを受けて、四国コカ・コーラボトリング株式会社では7月〜9月にかけて、自主的に大規模な節電を実施するというので取材に行って来ました。



社内的には、工場・事業所は自家発電の併用や照明・エアコン・OA機器の使用制限、屋外広告ネオン看板18基を全て消灯させて消費電力の削減に取り組むそうですが、注目は、「四国内の約4万台の自動販売機においても、輪番で冷却をストップさせて15%の節電を目指すなど、トータルで、ピーク時間帯の消費電力を14%削減することを目指す」という赤字のポイント。



最近の自販機では、もともと13時から16時の間、部分的に冷却を止めるピークカット(注)を行なっていますが、それに加え、販売実績によって1時間から3時間の「完全冷却オフ」とを6つのパターンで組み合わせ、一日最大4時間から6時間の冷却停止を行うというのです。ただ、タイミングによっては冷えが甘くなることがあり、特に炭酸飲料では開栓時に中身が吹き出す可能性があります。



その為自販機には「開栓は少しまってからゆっくりと」という、注意を促すステッカーが掲示されます。



120530cola_2

もちろん自販機から冷えの甘い炭酸飲料が出てきたら面白くはないのですが、大きな意識改革が求められている昨今、僕達にも理解が必要です。



どうしてもキンキンに冷えたものが飲みたければ、イマドキ、ちょっと歩けばコンビニもあるのですから・・・




*****

注:ピークカットとは?

冷却装置のコンプレッサーを止めて電力消費を抑えるということでは「冷却オフ」と一緒ですが、ピークカットの場合は庫内の温度が上がって設定温度(2〜4℃)を上回ると再稼働します。冷却オフでは再稼働しません。
posted by FM香川 at 15:50| Comment(2) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「塩飽ロマン紀行 その1」 ★ ナカイ ★

[E:sun]5月某日・・

来たる第二回瀬戸内国際芸術祭に先駆け、新たに参戦する
西讃の島嶼部を見ておこう!とツアーを敢行。
まず第一弾として、本島と粟島に上陸しました。
[E:wave][E:ship]

丸亀港からフェリーで降り立った本島。
私にとっては、映画「機関車先生」ロケ地取材以来・・
ずいぶん久しぶりです。

いろいろ見て回る途中のお昼どき・・
Photo_2

比較的最近OPENした
民宿兼料理屋さん
「やかた船」で昼食タイム[E:happy01]


Photo_3 

ランチタイムからこんなに
豪勢にいただいていいのかしら・・
たけのこの木の芽和え、イカのお刺身、
フグのお造り、てんぷら、めばるの煮付け、
ご飯にお吸い物・・・


誰からともなく「やっぱり一杯だけ」[E:coldsweats01]
Beerのリクエストが挙がったのは
もはや“必然”だったのでは?

贅沢(シアワセ)な時間でしたねエ[E:heart04]
        

posted by FM香川 at 11:46| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする