2012年07月26日

BEST かき氷 in KAGAWA (蒲野)

真夏の候、皆様如何がお過ごしでしょうか?



こんな時は、ヤッパリかき氷が食べたくなりますね。今まで、色々なかき氷を食べてきましたが、今日は新しいお気に入りが加わったので、2012年・夏現在の、僕のお気に入りベスト3をご紹介します。



其の壱:僕が結婚当時住んでいた高松市茜町からほど近く、扇町の中に夏の間だけ開くかき氷屋さんがあります。名前は知りません。ここのかき氷は特別何か特徴があるわけではありませんが、「夏の間だけ」「古い商店街の中」「小さな神社の裏」というシチュエーションがいいのです。国分寺に引っ越してからは1-2回しか行ったことがないので、現在もやっているのかどうか判りませんが、また食べに行きたいかき氷です。



其ノ貮:勅使町・スカイファームのイチゴ味・・・コレは凄いです。真っ赤っ赤です。白いところがありません。しかもシロップはスカイファームのイチゴ。美味しくないわけがありません。



其の参:そして今回新しく加わった「フェバリットかき氷」が、引田町・讃州井筒屋敷の「和三盆かき氷」!レトロな小屋の中で作ってくれるのも雰囲気ありますが、高価な和三盆をふんだんに使ったかき氷は、店のおばちゃんいわく「全然、儲けがないの・・・」とのこと。



まず、カップすり切りくらいに氷を削り、黒蜜(精製して白くする前の液体)をヒタヒタになるまでかけ、もう一度、氷をかぶせます。そこに・・・



120722kakigouri1



茶こしで振るって、満遍なく和三盆をふりかけます。これはお好みで黒蜜にもしてもらえます。でも、これで終わりと思ったら大間違いさ!



なんと、もう一回氷をかぶせて和三盆を振るんです。これで400円・・・そりゃ、儲けもないだろ!



120722kakigouri2_2



お味は、和三盆の仄かでさっぱりした甘さ、そして最後の黒蜜の濃厚な味・・・う〜ん、大人の味ですな。
posted by FM香川 at 11:19| Comment(2) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

スーパードライで今日も乾杯!☆おかぴろぐ☆

6月後半〜7月前半にかけて人生初の入院をした私[E:catface]
すっかり回復し、元気モリモリ[E:up]
入院中もたくさんネタが出来て、披露したいところですが・・・
今日は、大っ好きなビールの話題[E:heart01]

Resize0001_2

先日、愛媛県西条市にあるアサヒビール四国工場に行ってきました[E:bus]
こーゆーの張り切って撮っちゃうよねー[E:heart01]
団体写真の時は、一番前に寝そべるタイプ[E:catface]


まずは、映写室で四国工場の社員の方々のビールにかける情熱がこもったビデオを見て・・・[E:eye]
いざ、工場見学へ[E:sign03]
休日ということで動いてはいませんでしたが、仕込み室や発酵・熟成させる巨大タンク、
びん詰・缶詰の仕組みなど、普段飲んでいるビールが誕生する場を見ることが出来て
感動[E:crying]感謝しながら頂かないといけませんな[E:confident]
残念ながら工場内は、写真撮影禁止[E:ng]
気になる方は、ぜひご自分の目で確かめてみてください[E:eye]
私も、今度は稼働日に行ってみよー[E:run]

そして、お待たせの・・・[E:sign03][E:sign03][E:sign03]





Resize0007

できたてスーパードライ[E:shine][E:happy02][E:shine]
ウマー[E:sign03]ウマー[E:sign03]ウマー[E:sign03]
キレがパねぇ[E:dash]
のど越しがイナズマのようだぜぇ[E:thunder]
普段はあまりビールは飲まないという女子も『美味しい!これならイケる!』と
ゴクゴク飲んでいました[E:wink]





Resize0010

そして、氷点下に冷えたスーパードライエクストラコールドも[E:sign03]
キョェェェェェェェェェェェェェェェ[E:sign03]
キンッキンだぜぇ[E:thunder]





Resize0009

そして、今月のプラスワンビール『ベル・ビュー クリーク』
ベルギー独自の製法でつくられるチェリーの風味を楽しめる発泡酒。
甘くて美味しかったぁ[E:heart01]

試飲は、20分間。1人3杯までだったけど、まだまだイケそうでした(笑)
この後は、工場内にアサヒビール園というレストランに移動し・・・





Resize0006

やきにくー[E:heart01][E:heart01][E:heart01]
見事に、肉しか焼いてない(笑)

しかも、ただの焼肉ではありません[E:sign03]
ビールを製造工程で発生する麦芽の粕や酵母などから出来た
『アサヒモルトフィードサイレージ』を食べて育った
その名も・・・

『伊予麦酒牛』

ビールの味はしませんでしたが(笑)、柔らかくてジューシー[E:lovely]
食べ放題だったので、おかわりしまくりでした[E:bleah]

ああ・・・思い出しただけでよだれが・・・[E:smile]
ビール好きのリスナーさんと行くツアーとか出来たら面白そうですね[E:note]


[E:clover]おまけ[E:clover]

Resize0008

数年前、髪が短かった時、ダルビッシュに似ていると言われたことがあります[E:catface]

posted by FM香川 at 21:39| Comment(0) | 岡 加依子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チラリ|ω・)恵美ぶろぐ。。クリーン・キャンペーン in Mt.FUJI vol.2♪



7月21日(土)、
7月22日(日)
に開催された、
『コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン in Mt.Fuji』

1日目は、富士山麓の清掃活動[E:fuji]
2日目は、富士山の原生林をエコトレッキング[E:shoe]

が行われました[E:note]

それでは、前回に引き続き、2012年の
『コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン in Mt.Fuji』

今回は2日目の様子を振り返っていきましょう[E:shine]

******************************

【2日目】

2日目は富士山三合目から五合目までをエコトレッキングします[E:sign03]

静かな森林帯を散策し、
山梨県の森林100選に選ばれ、学術参考林にも指定されている、
天然カラマツ林へ[E:happy02]
倒木から富士山の自然の厳しさを感じながら五合目のゴールを目指す、
約4時間のトレッキングコースです[E:note]

…が[E:sad]



雨[E:rain]

1日目は小雨、霧雨程度だった雨が、
夜から本格的に降り始め、
「朝の気温は1ケタになるかも」という連絡も[E:sweat01]

1日目も曇って見えなかった富士山[E:sweat02]

これはもしや…

2日目も見られないフラグか[E:flag](笑)

そして、運命の2日目[E:sign03]


Photo


富士山です[E:fuji]

人生初の富士山です[E:fuji]

さぁ、心の眼で見るのです[E:eye][E:shine]

きっと…こんな感じ(?)

Photo_9

NPO法人富士山クラブの女性スタッフ・ざっしぃさん曰く、
「富士山は恥ずかしがり屋さんなので、美人が来ると隠れちゃう[E:heart01]」

…ですよねぇ〜[E:flair]

何たって、全国から美男美女パーソナリティ&参加者が
集っている訳ですから[E:virgo][E:shine]

それにしても[E:sweat01]
見事にフラグを回収してしまいました[E:flag](笑)


…というわけで、
『コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン in Mt.Fuji』
参加者は約200人[E:paper]

エコトレッキングの実施は安全面を考えて中止となり、
代わりに、五合目の散策を実施することになりました[E:note]



「富士箱根伊豆国立公園 
富士山五合目奥庭自然公園


風雪に耐えた樹齢100年以上のカラマツ、コメツガ、シラピソなどが
矯性化【※一般的に生物の大きさが通常個体より小さくなる現象】して、
自然の庭園を作っている場所です[E:sign03]

Photo_10

土ではなく溶岩だったり…

Photo_11

強風に耐えるため、枝の伸び方も同じ方向に[E:sign01]
ピシッと真っ直ぐ[E:sign01]

Photo_12

そして、足元に目を向けると、可憐なコケモモが[E:clover]
雨粒にきらめいてとっても綺麗です[E:heart04]

リラックス効果絶大[E:happy02]

Photo_13

ご覧の通り、富士山の土壌は特殊[E:sign01]

水溜りは出来ず、長い年月をかけて地下に浸透して湧き出します[E:mist]

富士山の植物の移り変わりが一望出来て、
とても興味深い散策タイムとなりました[E:happy01][E:note]


雨の富士山はさらに神秘的ですよ[E:shine]
何だか「また来いよ」と静かに語りかけてきているように感じます[E:confident]

あ、これはもしかしたら、富士山だけでなく、
富士山に住む天狗の声かもしれませんね(笑)

Photo_15

「天狗岩」

鞍馬山の僧正坊、愛宕山の太郎坊…
あ、四国にも石鎚山の法起坊がいらっしゃいますね[E:flair]

日本全国に伝わる天狗信仰[E:sign03]

ここ、富士山にも天狗が住んでいるとされ、
奥庭は天狗の遊び場と言われています[E:note]

この「天狗岩」は天狗さんが頂上から小脇に抱えて持ってきたそうですよ[E:sign01]


「天狗岩」を拝み、道中の安全と願うのはもちろん[E:sign01]
里の人には、夫婦円満になるとも伝えられています[E:sign03]


Photo_16


香川県組もとりあえずお参り[E:up][E:up]


当初の予定とは違うコースとなりましたが、
富士山の自然や歴史に触れる、有意義な時間を過ごすことが出来ました[E:happy02]


Photo_17


最後に、閉会式を行う場所までバスで移動[E:bus][E:dash]

五合目の広場には、これから山頂を目指す人、
ご来光を見て下山してきた人、観光でやって来た人など、たくさん人が[E:sign03]
外国人の方も多かったですね[E:catface]

バスで五合目まで上り、ここを拠点に山頂を目指すので、
バスもずらーーーっと並んでいました[E:bus][E:bus][E:bus][E:bus][E:bus]

富士山の環境保護のため、
マイカー規制を行う期間も設けられています[E:paper]

「頑張るぞ、オー[E:punch]」という元気な掛け声と、
完全に体力を使い果たして放心状態の人が混在する五合目の雰囲気は、
行ったことのある人にしか分からない独特な感じです(笑)


そして、お土産屋さんには、
「富士山カレー」「富士山メロンパン」など、
名物もいろいろありましたよ[E:present]

そうそう[E:flair]「コケモモのアイス」も[E:lovely]

********************************


長々と徒然なるままに筆を走らせてきましたが、
そろそろ2日目のレポートを締めくくりましょう[E:pencil]

何はともあれ、
この『コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン in Mt.Fuji』
参加出来て、本当に良かった[E:happy01]

富士山の今を全身で感じることが出来たし、
多くの人と出会うことも出来ました[E:note]

帰りの新幹線、飛行機の中で、ちょっぴり切なくなったり…

非現実的な現実世界での2日間は、
私の中で確実に“何か”を生みました[E:confident]


うん、また富士山に行こう[E:fuji]

今、ブログを見てくれているアナタも富士山に行きませんか[E:sign02]



最後に、アルピニスト・野口健さんの言葉から…


「見る事=知る事」


野口さんが山の清掃活動をはじめたきっかけは、
“山に登ったとき、目の前にあるゴミが気になったから拾った”
そんな何気ない行動からなんだそうです[E:paper]

野口さんが子供たちに、
「環境保全、環境保護とは何ですか?」と問いかけると、
ある小学生がこう言いました…


「京都議定書を守ることです」


野口さんは言います[E:confident]

知識も勿論重要[E:sign01]
けど、それよりもひとつゴミを拾うこと[E:sign01]
一人でも行動を起こす事が大切なのではないか?


改めて、身の回りを見渡してみましょう[E:happy01]


「気になったから」


動機はそれで十分です[E:happy01]

まずは、アナタの周りからはじめましょう[E:sign03]

posted by FM香川 at 18:53| Comment(3) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする