2012年09月10日

21st Keynote 120910オンエアリスト(ブルース特集)

9月3日は、アメリカの休日「労働者の日」でした。それにちなんで、労働歌・・・Work Songから生まれた音楽「Blues」をご紹介します。



楽曲の詳しい解説は、番組Facebookページをご覧ください http://www.facebook.com/21keynote




PART-1



M: Cross Road Blues / Robert Johnson

M: Hoochie Coochie Man / Muddy Waters

M:The Under Assistant West Coast Promotion Man / The Rolling Stones

M:Memory Pain / Johnny Winter

M:They Call Me Guitar Hurricane / Stevie Vaughan



PART-2



M:Crossroads / Cream



PART-3



今日のパート3は、9/1の朝亡くなられた作詞家のハル・デヴィッドさんの楽曲をご紹介します。



ビルボードが、ハル・デヴィッドが作詞したナンバーのベスト50のベスト3は以下のとおりです。



第三位:ハーブ・アルパート This Guy's In Love With You(1968)

第二位:カーペンターズ Close To You(1970)

第一位:B.J.Thomas 雨にぬれても(1970)・・・でした。



M: Raindrops Keep Fallin' On My Head / B.J.Thomas



Hal Davidさんのご冥福をお祈りすると共に、素晴らしい音楽の数々に感謝しましょう。




次回は10月8日・月曜日、体育の日です。今、アメリカを賑わせている「The Dukes Of September Rythm Review」の来日直前ということで、そのフロントマン、Donald Fagen、Michael McDonald、Boz Scaggsの特集をお送りします。
posted by FM香川 at 20:50| Comment(2) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする