2012年09月19日

【木下監督に捧ぐ〜アート&ゴスペルナイト in 小豆島〜】★ ナカイ ★

[E:slate]9月15日(土)夕〜
今年の12月で生誕100周年を迎える、日本を代表する名監督
木下恵介に捧げるイベントが、小豆島町中山農村歌舞伎の舞台
で開催されました。

[E:ship]台風の影響を受け波高い瀬戸を高速艇で島に渡った私・・
この日のイベントは、財団法人岬の分教場保存会・二十四の瞳
映画村プロデュースということでしたが、私はMCとして参加させて
いただきました。[E:karaoke]
 Photo_3  Photo_4
本番前の舞台・・
(本番始まったら、出番があるため写真が写せず;;
せめて、前後の雰囲気だけでもお伝えします。)

Photo_5  
同じく島内の「肥土山の舞台」より少々こじんまりとした広さの
中山の舞台。すり鉢状の観覧席には心地よい風が吹きぬけ、
最高のシチュエーション。
Photo_6  
ここにはかつて樹齢1000年にもなろうかという大杉が
あったそうな・・
農村歌舞伎だけでも300年以上の歴史があるという、
由緒正しい神社なのです。
Ok
地元の“愛され”ユルキャラ、しまちゃんもスタンバイOK!
開場前の舞台裏です[E:eye]
Photo_7
受付前には長蛇の列・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

( 本番中 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[E:night] 祭りの後・・
Photo_8
スタッフみんなでお片付け・・
100名程のアノインティッド・マス・クワイヤーも加わり、
スタッフ全員「人海戦術」で取り組んだ結果、
予定より早めに撤収完了!

お疲れさまでした〜。

[E:movie]名匠木下恵介監督作品「二十四の瞳」(昭和29年)
〜「八日目の蝉」〜再来年に向けて撮影中の
「瀬戸内海賊物語」(※瀬戸内国際こども映画祭)・・と
映画の話題にも事欠かないシアワセな島、小豆島。
先人への畏敬の念と地元愛・・観衆の心がひとつとなった
シアワセな夜でした[E:confident]。

posted by FM香川 at 09:01| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする