2013年04月10日

チラリ|゚з゚)恵美ぶろぐ。。雨の日の桜♪

記憶に新しい先日の春の嵐[E:rain]
そんな4月のある週末―私は、京都にいた[E:eye]

左京区、朱色の大鳥居を抜けると…


Photo

そこは、平安神宮です[E:paper]

応天門前には、雨でも観光客がたくさん[E:up]
海外からのお客さんも沢山来ていて、
熱心にカメラのシャッターをきっていました[E:camera]

交通機関もそこまで乱れず、
天気も一時的には荒れましたが、
お空と相談しながら、
私も安全に雨の日の京都散策を楽しむことが出来ました[E:note]


それでは、雨の日の桜を楽しみましょうか[E:cherryblossom]


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

平安神宮は、
平安遷都1100年を記念して、
明治28年に第50代桓武天皇をご祭神として創建されました[E:book]

ご社殿は、
当時の平安京の正庁、朝堂院が8分の5の規模で再現されています[E:pencil]
しかし、大極殿(だいごくでん)、応天門、蒼龍楼(そうりゅうろう)、
白虎楼(びゃっころう)などは、創建当時に造営されたもの[E:flair]

その後、一部災禍に会いましたが、復興と増改築が行われ、
現在の壮麗な姿を見ることが出来ているわけです[E:dash]

歩いているのは現代人ですが、
1200年前―
生まれたばかりの京都にタイムトリップしたような気持ちになります[E:happy01]


さて、肝心の桜ですが…

Photo_2


まだ咲いていましたー[E:cherryblossom]

平安神宮神苑は桜の名所[E:up]
実は、桜の時期に来るのははじめてだったので、
見ることが出来て本当によかったです[E:shine]

Photo_3



泰平閣
前は、傘の花が満開(笑)


でも、この日、結婚式が執り行われていて、
雨は少し冷たかったけど、
花嫁の白無垢姿に心がほっこりあたたくなったことでしょう[E:heart04]

末長くお幸せに[E:heart01][E:gemini][E:heart01]

Photo_4


外国人観光客がカッコ良く写真を撮っていたので、
私もたそがれてみた…

Photo_5


半笑いになった…残念過ぎるぜ(笑)


何はともあれ、雨の日の桜も趣深く、
とっても綺麗でした[E:note]

はらはらと風に舞う桜
雨露にきらめく桜
水面を流れる桜

雨だからこそ見ることが出来た風景たち[E:cherryblossom]

きっと雨があがったら、
神苑一面、桜色の絨毯なんでしょうね[E:catface]


あなたの今年、どんな桜に出会いましたか[E:sign02]


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

■おまけ■

平安神宮で、こんなおみくじを発見[E:shine]

その名も…「桜みくじ」[E:happy02]


Photo_6


薄いピンク色をしているので、
おみくじを枝に結びつけると、満開の桜の木のようになります[E:sign01]

Photo_7


素敵だーーー[E:notes]


ちなみに私は“五分咲き”でした[E:dash]
まだまだこれからってことね[E:smile][E:good]

posted by FM香川 at 20:41| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする