2013年07月23日

夏休みのお助け (蒲野)

東かがわ市にある、鹿浦越(かぶらごし)で見られる天然記念物・ランプロファイア岩脈。昔から地学は好きだったので、一度きちんと見に行きたいと思っていたのですが、思いがけず、「かがわ東方見聞録」の取材で訪ねることができました。


大潮の時には、ランプロファイア岩脈の真下まで歩いていけるんですね。


130723rockwall_2


白い花崗岩に、黒い岩(煌斑岩・こうはんがん)が帯状に挟まれているのが見えますが、近くから見るとこれは「地層」のように時間をかけて堆積したものではなく、明らかに短時間(天文学的な時間の中では)の内に形成されたことがわかります。


もう少し専門的な話では、花崗岩の中に火山性の岩脈が入り込んでできたものと言われていますが、「岩の間に岩が入り込んだ」という現象がどうしても頭で理解できませんでした。


でも、手元で見るランプロファイアは厚さ数センチから1mくらいの帯で、それがピッタリと隙間なく、まるで貼りあわせたよう。これを見て理解できたのは、「これは花崗岩の割れ目の中に柔らかい状態の岩=マグマが流れこんでできたものなのだ」・・・ということ。


ランプロファイアが、こんな斜めのストライプになるのは珍しいというのですが、僕は以下のようなプロセスを想像しました。


1:一万年ほど前、この地で火山活動があって地上に溶岩が上がってきた。

2:花崗岩は非常に割れやすい岩なので、その割れ目の中に溶岩が流れ込み隙間を満たしていった。

3:溶岩の上昇圧力が大きかったため、花崗岩の割れ目を押し広げつつ更に侵入。


この時、いくらマグマの圧力が大きくても全体を均等に(水平に)押し上げるのは難しかったので、ある時、斜めの割れ目に染み込んだ煌斑岩が「てこ」の要領で岩を斜めに持ち上げた・・・その繰り返し。これなら斜めにストライプができたのも説明ができるのでは?

もちろん僕は地学者でもないから頓珍漢なことを言っているかもしれないけれど、こんなことをあれこれを考えること自体が楽しい時間でした。


いかがですか?お子様の「夏休みの自由研究」に・・・
posted by FM香川 at 19:17| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グミ        ♪新岡♪

先日はADみらいさんからスポーツドリンク味のグミをおすそ分けしていただきました。


そして今日はあの藤澤翼さんからメロンソーダ味のグミをいただきました。


私が子どものころはオレンジやアップルといったグミはありましたが。グミも進化しましたなぁ。


そんなグミのお話でした。



久々に食べたグミおいしかったなぁ。ご馳走様でした[E:happy02]


熱中症に気をつけて楽しい夏を!!

posted by FM香川 at 13:50| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【真夏の夜のお薦めイベント!】 ★ ナカイ ★

本格的な夏、いろいろHOTな話題やお楽しみには事欠かない季節。
中井お薦め、筆頭格はこちら!

第4回玉藻公園夏祭り「高松城映画上映会」

恒例となった名勝での野外上映会も、回を重ねて4年目!
手入れの行き届いた木々に囲まれた閑静なたたずまい・・
桜の馬場を会場に、巨大スクリーンがお目見え[E:eye]
ちょうど開演時間頃からは、心地よい海風も流れ始め、
そこに居合わせる参加者みんなで楽しむ映画は最高です[E:sign01]

上映作品は「WAYA!宇宙一のおせっかい大作戦」

この上映会ではすっかりお馴染み、古波津陽監督の作品で、
シャッター商店街を舞台にした悲喜こもごも人情劇は、
笑いと涙のさじ加減も絶妙な傑作です。
主演者は、スピードワゴンの井戸田潤、矢崎滋、ルー・大柴、藤田朋子他、
豪華で芸達者たちが勢揃い!

当日は古波津監督と井戸田さんも来場しトークライブも開催します。
例によって、エフエム香川からは「勝手にシネマニア」コンビが参戦。

チケットは玉藻公園管理事務所で発売中!
夏の夜の楽しいひととき、ご一緒しましょ[E:happy01]

posted by FM香川 at 09:30| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする