2013年08月07日

瀬戸内国際芸術祭 小豆島の夏!:田中

「ジャンボフェリーの高松〜小豆島(坂手港)
車のフェリー代無料・運転手一名込み 8/9(金)まで」

というチラシを発見して背中を押されました。
行きは3便、帰りは2便。

無料期間中は混み合う(先着順)ので
数時間前に港へ行った方が無難ですよ〜
特に帰りの17時台。
1時間前で既に締切られてました[E:sweat01]


さて夏会期。

しょうゆソフトやらオリーブソフトやら佃煮アイスやら食べながら
3か所をブラリと見てきました。
明日の番組でお話しますが…

よかった〜
行って良かったよ〜〜[E:shine]

Img_0536jpg30

影と共にこれまたアート[E:sign03]
普段美術館へ行くタイプではない私も楽しめました。

何も難しく考える必要もなし。
きれい。大きい。すごい。これでいいのです!


■58:太陽の贈り物
土庄港すぐそば。
近くに芸術祭案内所あり。
(観覧無料)
Img_0492

■63:小豆島の光
臨時Pから細い坂道を徒歩10分程。
(観覧料300円)
Img_0500
ここは本当に圧倒されました。
竹で組んだトンネルとドームに入っていくと
涼しくて、なごんで、不思議な異空間。
大人も寝っころがってボ〜っとしてました。

Img_0518jpg30

■77:ザ・スターアンガー
坂手港。フェリーの乗り降りの際にすぐ立ち寄れる。
(観覧無料)
Img_0583

★一言アドバイス★
・臨時駐車場から徒歩移動する場合が多いので、スニーカーを持っていくと良し。

・町はずれになるとお店、自販機が一切なくなるので飲み物をある程度持っていくと良し。

・芸術祭のパンフレットは芸術祭案内所にあるが、観光地で見かけることがない。事前に手に入れると楽。

・作品鑑賞は9時半〜。案内所も閉まっている。早朝に到着した場合は注意。

・フェリーの場合は車内での待機時間が多い。クーラーをつけるのでガソリンは満タンにしておくべし。

posted by FM香川 at 23:59| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする