2014年09月01日

【“勝手に”夏休み その10】★ ナカイ ★

7月17日(木)
サンティアゴ・デ・コンポステーラで迎えた朝・・
この日の公式行事は、昨夜体験した大聖堂のボタフメイロも
司っていた大司教への謁見でした。

その前に立ち寄ったのは、ガリシア州の観光局。

Photo

美しく知的な女性観光局長。。

Photo_2

地図を使っていろいろ説明してくださいました。
聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを抱える州としての
自負と観光(営業)努力もかなり伺えると同時に
今後は州全体で、何か日本との交流が生まれれば・・
前向きに提言いただけたのが印象的でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、再び徒歩で旧市街地を歩き教会へ。

Dscf0297jpg_2

謁見会場に入る団長、清水愛南町長と通訳の問屋氏。
正面の階段を昇り・・

Photo_3

謁見直前に通された控え室にあった絵画[E:eye]
大きさと威厳に満ち満ちた空間で待つことしばし。

Photo_4

※左から二人目が大司教さま。

互いのメッセージを交換した後、大司教からいただいた有り難いお言葉。

「巡礼とは、国・人種・宗教を越えて、全ての人が自分と対峙すること。
自身と向き合うことにこそ意味があり、我々は全ての人々を受け入れます。」
(このような意味合いだったと思う。)

穏やかに説いてくださったお話に、我々団員一同感激したひととき・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足掛け二日、駆け足のサンティアゴ・デ・コンポステーラ滞在は、
気付き・学び・感動の連続で、充実したものとなりました。

         

午後3時過ぎにはまたまた、高速鉄道(ALIVIA1等4154)にて
マドリッドまで移動。

Dscf0327jpgalivia  

Dscf0330jpgalivia

[E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain] [E:bullettrain]

[E:night] 6時間超の鉄道旅→マドリッドのホテルに到着したのは夜・・

Photo_5
(Husa Paseo Del Alte ホテル)

Photo_6    

Photo_9

[E:restaurant] [E:beer] 遅い夕食にようやくありついたのは22:00頃。
ホテル近くで“バル”を目指してうろうろしていた我々が
飛び込んだのは、何故かエクアドル人夫婦の経営する店だった[E:coldsweats01]

・・・・・・・・・つ・づ・く・・・・・・・・・・・・

posted by FM香川 at 14:18| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする