2014年11月19日

【伊予灘ものがたり〜後編〜】★ ナカイ ★

[E:train] いよいよ期待の「伊予灘ものがたり」、観光列車の旅の始まり[E:sign01]

松山ー八幡浜間1日2往復のところ、我々は伊予灘の夕日目当ての夕方出発の便。
起点は八幡浜駅です。

Dscf0794
2両編成の一号車は、夕日の茜色をイメージ[E:eye]

Dscf0796

2号車は柑橘類のイメージの黄金色。

Dscf0798

乗車口にはレッドカーペット・・ならぬ、レッドマットが敷かれ・・

Dscf0797_2

2号車もこんな感じ。

Dscf0801_2
素敵な制服姿のキャビンアテンダントが、爽やかに出迎えてくれて
ウエルカム・ムード満点!

Dscf0793_2

それでは行ってまいります[E:paper]

[E:clock] 16:15、八幡浜を出発!

Dscf0803

「おおっ[E:sign03]」

その時間に合わせて、ホームの皆さんが手を振って見送ってくれます。
(ちょっと感動!)

※この感動はほんの始まりに過ぎず・・
この後松山まで、随所で味わうことになるのでした・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、気になる車内は??

Dscf0806_2

車窓に向けて平行に座る座席・・

この他タタミに椅子席をドッキングさせてテーブル感覚で座れる
BOX席も。(我々はそちらを利用)

Dscf0810_2

出発後、ほどなく「乗車券を拝見いたします。」と乗務員さんが・・
(※ツアーメンバーM様、ゴメンナサイ、肖像権抵触?;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

観光列車のお楽しみ、車中でも“飲食”[E:heart04]

Dscf0811_3

まずはオリジナルイラスト付きのおしぼり登場。

Dscf0848_3

コースターに箸と箸置き・・
もうお気付きと思いますが、シンボルマークは○と「王」に見える
イラスト。伊予灘に沈む美しい夕日をイメージしています。

Dscn0651
[E:bar] アルコールにソフトドリンク、オードブル、軽食・・
うーん、迷ってしまいます。

Dscf0816_2
挙句にチョイスしたのは、八幡浜名産魚肉ソーセージ。
もちろん、ワインも[E:wine]

Dscf0820_2
通過駅にものぼりがハタメキ・・[E:eye]

実は・・先述の“感動”物語は、区間の全ての沿線でちりばめられていました。

Dscf0849
ex.例えば遠く望む大洲城からは、そこにいる人たちが手を振ってくれ、たぬきが有名?五郎駅ではたぬきの着ぐるみでやはり手を振る姿も。。
赤色の美しい長浜大橋や、鉄橋ギリギリに海が覗き込める串駅〜下灘辺りのビューポイントでは乗客の為にSpeedDown。
そうそう、途中、大洲市と伊予市の境界を越える際は、地元高校生による境界の仕切り絵看板のラインを越える瞬間もかなり減速してくれましたよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大事な内部のご案内・・
お手洗いもポイントですよね[E:coldsweats01]

Dscf0842_2
車両間のドアもこ〜んなにシック!

Dscf0841_3

重厚感溢れる木の扉・・
(肝心な中を写すのを忘れましたが、広い!
身体のご不自由な方でもゆっくりご利用いただける
フラットで広々とした空間。
ペーパー、シート、洗剤等もバッチリです。

[E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04]

2時間のお楽しみの終盤・・
車内販売で私が購入したのは・・

Dscf0840_2

松山名物一六タルトの「伊予灘ものがたり」バージョン。
さあて、どなたに差し上げようかしら!

Dscf0845

下車のその時も近付いた頃・・
キャビンアテンダントさんが、乗客一人ひとりに挨拶に来てくださいました。
「本日のご乗車、有難うございました。お楽しみいただけましたか?」

やさしい笑顔と、区間中の一生懸命なサービスぶりには、本当に癒されました。
なにより、沿線住民との連携プレーが素晴らしく、こんなに“温もり”を感じた列車の旅は初めて!

ぜひ、大勢の方に体験していただきたいなあ。
中井お薦めです[E:heart01]

posted by FM香川 at 11:35| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

【伊予灘ものがたり体験記】 ★ ナカイ ★

[E:train] 皆さんは「伊予灘ものがたい」って知ってますか?

今年7月26日から運行が始まったJR四国初の本格的観光列車のこと。
土日祝日に松山ー伊予大洲・八幡浜間を一日計2往復しています。
キャッチコピーは・・

《レトロモダンの列車に揺られ、すべての人の五感に響く、珠玉の鉄道旅》

[E:sun]11月16日(日) 私も参加してきました!!
(私たちの当日のプランに沿ってご紹介しましょう。。)

Dscf0742

高松8:45 −松山11:15(いしづち3号)
(車両はアンパンマン列車でした↑)
松山11:25−内子11:51(宇和海11号)

Dscf0745

自然に恵まれた内子駅は、いい感じに田舎風・・

Dscf0746_3

人気の観光地は手作り風看板でお出迎え・・

まずは内子の町並み散策から〜

Dscf0748

古い商家の中は少し補強工事を施して見学コースとして開放されています。

Dscf0752

工具の数々・・

この辺りは、和蝋燭や竹細工諸々職人さんたちが軒を並べていた地区なのです。

Dscf0755

味わい深い竹で編んだ籠(BAG)・・
ひとつひとつが手作業なだけに、そこそこのお値段はします。

Dscf0758

古い家って趣あるわア・・

Dscf0763

中でもこのあたりきっての豪商だったのは芳賀家(はがけ)の一族。
大きな蠟の木の庭を有するお屋敷は、現在は資料館も含め
観光コースの目玉となっています。

Dscf0769_2

こちらで作られ上質な蠟は海外とも取り引きがあったらしい・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食は、メインストリート沿いにある「かわせみ」にて・・(要予約)
よかったですよーー

Dscf0775

「かわせみ」表はこんな感じ・・

Dscf0770

「ちょっと友人が写り込む・・」の図;;

Dscf0771_2

最初に出てきたお椀物・・
パッと見「お吸い物」ですが、実はお味はまるで「お汁粉」or「ぜんざい」的な。

Dscf0774_2

ひとつひとつ可能な限り時のものを使った献立・・

こちらは「ゆず茶碗蒸し」なり。

少しリッチな昼食をいただいた後は、またまた町並み散策へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf0784

次に向ったのは有名な「内子座」。

Dscf0786

写真ではちょっとわかりづらい??
小屋の中は「金丸座」より少々狭い感じです。

Dscf0787_2

内子座を後にした我々は、まず内子駅に戻り、
内子14:54−八幡浜15:16(宇和海17号)

※ちなみに、使用列車と時間は我々のこの日のモデルコースにして
“お薦め”コースでもあります。ぜひ参考になさってね。

[E:annoy]この後がいよいよ「伊予灘ものがたり」です[E:sign03]

〜 To be continued 〜

 http://www.jr-shikoku.co.jp/iyonada/train.htm

posted by FM香川 at 14:09| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

コスモアースコンシャスアクトクリーンキャンペーンin有明浜(マルシェ編):田中

*掃除編 ココ

雨が降り続く中[E:rain]
有明浜の清掃活動、お疲れさまでした[E:sign03]

閉会式の後には皆さんで集合写真。
ちゃっかり田中も混じっております...
うーん、出来上がりが楽しみ[E:catface]

しばらくリスナーさんとお喋りしつつ
そろそろマルシェ会場の
不動の滝 カントリーパーク」へ移動。

Img_04090
ここで招待ハガキからイベント通貨に引き換え。
・大人(中学生以上)1,000円分
・子供500円分

もちろん現金での購入もOKということで大盛況[E:shine]

Img_038330
お弁当、お菓子、パン、乾物、飲み物まで
観音寺と三豊の有名どころが揃っています。

Img_038730

会場内マイクで市川さん、岡さんとの3人で
各ブースをくまなくリポート。
試食が多くて、た、楽しい...!

Img_038830
■山地蒲鉾
http://www5.ocn.ne.jp/~yamakama/

ぎゅむっと肉厚でウマ〜[E:lovely]
イチオシ商品やまぢのカワジャン
ガーリックな鶏皮と国産ごぼうの風味が大人!

Img_038530
■高田海産(たかた かいさん)
http://www.takatakaisan.jp/
「だいぶ売れちゃって」と嬉しい声。
海老がふんだんに使用されたえびせんべいは
サクサクサクっと軽くて香りが濃厚〜

Img_039230
■手作り工房 みやけ
新鮮な果物と(安い!)と
優しい手作りジャムたちがずらっと並ぶ。
クラッカーに付けて味比べ[E:notes]
Img_039430

最初に言うと実は人参が苦手。
なのになぜ美味しいのだ!?[E:coldsweats02]

全然くさみがなくて柔らかい甘さ。色がまた綺麗で。
リポートしていて「人参うまいよ」のお客さんの声が(笑)

Img_039830
■ポンせんこうちゃん
http://www.ponsen-koucyan.com/
一枚一枚を手焼きで今も作り上げる懐かしの味。
見た目は硬そうに見えますが
サクっと軽くて食べやすくてびっくり!

Img_039630
カレー味が更に香ばしくてイケますよ〜

Img_039930
■志満秀(しまひで)
http://www.shimahide.com/
しまひでえびせんべ♪のCMが歌えてしまう
香川県民お馴染みのお土産物。

今やスタイリッシュなパッケージで
洋菓子風になった商品も登場してすごいことに[E:sign03]

Img_040430
Img_040230
濃厚なチーズをえびせんべいでサンドした
クアトロえびチーズ
色がカラフルでマカロンのイメージ。(ピンク、黄、緑、青)
試食してみると...

なにこの美味しさはーーー!?

柔らかめのチーズが上品で...もうね...
一口ごとに身もだえるありさまでした[E:happy02]

Img_04080

他にも紹介しきれない程のブースの数。
魚の甘みがご飯にしみてる鯛めし〜

Img_039130
ハレルヤコーヒー。いい香り♪
かなり豆にこだわってるそうで
一杯ずつハンドドリップで淹れたてを提供。

特産品や名産との出会いが楽しくって、
会場を何度もぐるぐる。[E:dash]
生産者の方の笑顔がまた温かくてほんわか。

参加者の皆さんはいかがでしたか?
また県内のマルシェ等で香川をもっと好きになって下さいね[E:heart02]

posted by FM香川 at 22:19| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする