2014年11月19日

【伊予灘ものがたり〜後編〜】★ ナカイ ★

[E:train] いよいよ期待の「伊予灘ものがたり」、観光列車の旅の始まり[E:sign01]

松山ー八幡浜間1日2往復のところ、我々は伊予灘の夕日目当ての夕方出発の便。
起点は八幡浜駅です。

Dscf0794
2両編成の一号車は、夕日の茜色をイメージ[E:eye]

Dscf0796

2号車は柑橘類のイメージの黄金色。

Dscf0798

乗車口にはレッドカーペット・・ならぬ、レッドマットが敷かれ・・

Dscf0797_2

2号車もこんな感じ。

Dscf0801_2
素敵な制服姿のキャビンアテンダントが、爽やかに出迎えてくれて
ウエルカム・ムード満点!

Dscf0793_2

それでは行ってまいります[E:paper]

[E:clock] 16:15、八幡浜を出発!

Dscf0803

「おおっ[E:sign03]」

その時間に合わせて、ホームの皆さんが手を振って見送ってくれます。
(ちょっと感動!)

※この感動はほんの始まりに過ぎず・・
この後松山まで、随所で味わうことになるのでした・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、気になる車内は??

Dscf0806_2

車窓に向けて平行に座る座席・・

この他タタミに椅子席をドッキングさせてテーブル感覚で座れる
BOX席も。(我々はそちらを利用)

Dscf0810_2

出発後、ほどなく「乗車券を拝見いたします。」と乗務員さんが・・
(※ツアーメンバーM様、ゴメンナサイ、肖像権抵触?;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

観光列車のお楽しみ、車中でも“飲食”[E:heart04]

Dscf0811_3

まずはオリジナルイラスト付きのおしぼり登場。

Dscf0848_3

コースターに箸と箸置き・・
もうお気付きと思いますが、シンボルマークは○と「王」に見える
イラスト。伊予灘に沈む美しい夕日をイメージしています。

Dscn0651
[E:bar] アルコールにソフトドリンク、オードブル、軽食・・
うーん、迷ってしまいます。

Dscf0816_2
挙句にチョイスしたのは、八幡浜名産魚肉ソーセージ。
もちろん、ワインも[E:wine]

Dscf0820_2
通過駅にものぼりがハタメキ・・[E:eye]

実は・・先述の“感動”物語は、区間の全ての沿線でちりばめられていました。

Dscf0849
ex.例えば遠く望む大洲城からは、そこにいる人たちが手を振ってくれ、たぬきが有名?五郎駅ではたぬきの着ぐるみでやはり手を振る姿も。。
赤色の美しい長浜大橋や、鉄橋ギリギリに海が覗き込める串駅〜下灘辺りのビューポイントでは乗客の為にSpeedDown。
そうそう、途中、大洲市と伊予市の境界を越える際は、地元高校生による境界の仕切り絵看板のラインを越える瞬間もかなり減速してくれましたよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大事な内部のご案内・・
お手洗いもポイントですよね[E:coldsweats01]

Dscf0842_2
車両間のドアもこ〜んなにシック!

Dscf0841_3

重厚感溢れる木の扉・・
(肝心な中を写すのを忘れましたが、広い!
身体のご不自由な方でもゆっくりご利用いただける
フラットで広々とした空間。
ペーパー、シート、洗剤等もバッチリです。

[E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04][E:sign04]

2時間のお楽しみの終盤・・
車内販売で私が購入したのは・・

Dscf0840_2

松山名物一六タルトの「伊予灘ものがたり」バージョン。
さあて、どなたに差し上げようかしら!

Dscf0845

下車のその時も近付いた頃・・
キャビンアテンダントさんが、乗客一人ひとりに挨拶に来てくださいました。
「本日のご乗車、有難うございました。お楽しみいただけましたか?」

やさしい笑顔と、区間中の一生懸命なサービスぶりには、本当に癒されました。
なにより、沿線住民との連携プレーが素晴らしく、こんなに“温もり”を感じた列車の旅は初めて!

ぜひ、大勢の方に体験していただきたいなあ。
中井お薦めです[E:heart01]

posted by FM香川 at 11:35| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする