2015年03月13日

ありがとうホワイトデー:田中

3/13のテーマは
「お返し文化エトセトラ」

バレンタインにはちょちょっとクッキーを焼いただけなので
何か貰えるとは思ってなかったけど
すみません

×倍返し状態でいただいてしまいました。

ADたむちゃん
金曜ニュースの鍋井さん
シャトルのこけしさん
そしてリスナーさんからチョコの差し入れも〜っ
ありがとうございます[E:shine]

Img_3409_2
バレンタインにもてる男性は
こんな気分なんだなあと妄想[E:catface]

両手に抱えて事務所に上がる高揚感といったら!(笑)

posted by FM香川 at 22:41| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/14公開!「風に立つライオン」:田中

一般の方と一緒に
イオンシネマ綾川での試写会に参加しました。
最近映画館に行ける機会が多くて嬉しい[E:notes]

この日はほぼ女性のお客さんで満席状態。
うーんこれは主演が大沢たかおさんだからか...。
(JIN-仁-は素敵でしたもんね)

Img_3382
年末のJOY-U CLUBに電話出演いただいた
イオンシネマ綾川総支配人久保尊明さん
お招きありがとうございます[E:happy02]

Img_3374_2
劇場によって雰囲気がまた違う。
こちらは記念撮影スポットが多くて楽しい印象。

Img_3376
入る前からもうベイマックスとご対面。
中ではさらに映画の立体パネルが沢山!
コナン、ドラえもんとか...

ここでは壁ドン。

Img_3383

ひとり三脚立ててまで壁ドンは照れるので
コロ先生とパチリ〜 @暗殺教室

Img_3379_230
さて今回の本題
映画のご紹介です。

「風に立つライオン」
http://kaze-lion.com/

Img_3386_2

◆原作
1987年の楽曲 さだまさし「風に立つライオン」
2013年小説版発表「風に立つライオン」

◆ジャンル
ヒューマンドラマ
*ケニアで医療ボランティアに従事した実在の医師・柴田紘一郎氏の話に、さだまさしが着想を得て作った楽曲。大沢たかおが熱望して小説化、映画化となった。

◆あらすじ
ケニアの戦傷病院が舞台。日本に恋人を残したまま医者として仕事をする航一郎。少年兵として子供さえも麻薬を打たれながら戦ったり、地雷で負傷する子供たちがいるという現実と必死に向き合う。
そしてある日、ンドゥングという心と体に傷を負った少年兵と出会う...。

<感想>
ドキュメンタリーと思うほどのリアリティ感と空気感
平和の中にいてつい忘れてしまう世界の現実を見せられ、考えさせられる。

大沢たかおさん演じる航一郎を他の登場人物が「あいつはね〜、」と思い出話を語る形式で物語が出てくるので時代が前後してちょっとややこしい面もあり。

航一郎の話をもっと知りたい...!
これは小説版を手に取らないと...!(めちゃめちゃ泣けるそうです)

現地の看護師(石原さとみ)とのやりとりが映画では少なくて二人に恋愛感情があったのかどうかわからなかった[E:bearing]
石原さとみさんは綺麗だったな〜。もうちょっとノーメイクとかボサボサ頭にした方が良かったんじゃないかな〜。(それでも十分綺麗だと思う)

<注意点>
上映時間が長い(150分)
終了時間をチェックしておく。食事や帰宅時間の計画を。

字幕が多い
英語のセリフが多く、邦画ですが字幕を読みやすい位置の席を選ぶべし。

posted by FM香川 at 21:41| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする