2015年04月02日

リスナー’s 思い出絵本集:田中

4/2のテーマは
「こどもの頃の私と本」

エピソードと共に思い出の絵本を教えて頂きました。
出産祝いに人気の絵本。
大人がちょっと疲れた時に読むと癒されるのも絵本。
子供の頃に読んだものを
久々に手に取ると新たな発見があるかも?

Img_3839
はらぺこあおむし」が好きという方も多かった[E:shine]
うちにあるのはミニサイズのハードカバー版。
折れない破れない、ツルツルして汚れにくいですよ〜

[E:book]タイトルをクリックすると紹介ページに飛びます[E:book]

*********************

★敬称略

はれときどきぶた
今日のテーマのですが子供の頃は、はれときどきぶたや江戸川乱歩さんの本が好きで読んでた記憶が残っています!(ハナル)

じごくのそうべえ

私は分が好きだった絵本を買い集め、子どもに読んでいます。息子にはちょっと怖がらすつもりで読んだのですが、怖がるどころかゲラゲラと声をだして笑います。
「嘘をついたら、えんまさんに舌ぬかれるで!」は効果的ですが。絵本は親子の時間を濃くしてくれるなぁと感じています。これからも一緒に楽しみながら、読み聞かせしていきたいです。(
こげた玉子焼き)

ルドルフとイッパイアッテナ
登場するキャラクターが人間も動物も生き生きとして、魅力的で、本当に大好きです。(ちゃんまろ)

100万回生きたねこ
僕が幼い頃読んでいた本。最近読み直したのですが大人の今でも考えさせられる絵本です。(りんりん)

しょうぼうじどうしゃ じぷた
私の思い出の絵本は、負けず嫌いな小さな消防車が活躍する物語。

子供頃、家にあって、よく読んでた。(朝に生まれた男)

不思議の国のアリス
今一番欲しい。しかし高い...。(ヒゲがジョリ=レノ

さるかに合戦
自分は子供の頃寝る前お母さんにさるかにがっせんの本を読んでくれました。今でも覚えています。岐阜のモジャテン21

ことりとねこの物語
大切な友達の為に勇気を出すことの素晴らしさを教えてくれる、感動うるうるの物語。大人の方にもおすすめです。(柴猫アラレちゃん

にっこりじまのちゅうちゅうたい
今、娘がハマってる絵本。小さいネズミが救急隊員になり島の動物達を助けると言う内容です!親も癒されます(*^^*)

!(6月の男)

へんしんトンネル
両親は僕達を大きくするのに一生懸命で毎日、朝早くから夜遅くまで働いていました。ただ
母親は本が好きだったみたいで私達の為に部屋には多くの本を買ってくれていました。
結婚して二人のこどもを授かり、我が子への読み聞かせをしました。その中で今でもすきな本は、幼稚園、低学年むけに作られた絵本。その作家のシリーズは大好きです。絵のタッチが素晴らしいですね。

小豆島町のまっちゃん)

森は生きている
12回以上読んでいます。ディズニー映画にもなりそうな話です。例えば3月の森の精が指輪を投げると3月に、12月の森の精が指輪を投げると12月に季節を変えることができる。話の内容はもっと深いのですが。この夢みたいな話しに浸っていました。(腰痛タイガイウッド)

めきめきエンピツ」←たぶんコレです!

小学生の頃に好きだった本は題名は忘れましたが、男の子が消しゴムの削りかすを集めて一塊にしたものでテストの答案を消そうとすると、答えが間違ったものは消えて合っているのは消えなくなるもので真似して消しゴムのかすを集めて作ったりしました。
今自分が父親になりましたが子ども達は本が好きですね。小さい時から図書館に連れて行ったからでしょうかね。(じんじん)

「消えたぼくをさがせ」野火晃/著
休みの初日に平行世界に迷い込んでしまった主人公が様々な経験をしながら元の世界に帰ってくる。と言う内容なんですが、子供ながら読んで怖い思いをしたのを覚えてます。先日子供が本を読んでるのを何気なく見てたら、自分の本でした。30年以上前の本ですが、何か感慨深かったです。こどもはまだ小学生ですが、将来彼女が結婚して子供が出来たら一瞬に読んでくれたら嬉しいなと思いました。(ククルスドアン)

ウォーリーをさがせ!
弟と勝負をするように、ウォーリーを捜してましたよ(笑)(かなづち)
ウォーリーをさがせを良く見てました。(脳細胞がトップギア)

他にも...
ぐりとぐら」「大きなかぶ」「ばばばあちゃん」「ちびくろさんぼ

などなど。沢山のメッセージありがとうございました[E:clover]

posted by FM香川 at 23:16| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜情報〜石の民俗資料館展望台(石匠の里公園)〜:田中

昨年は満開をのがしてしまい
今年こそは!と行ってまいりました。

高松市牟礼町
「石の民俗資料館」
http://www.takamatsu-webmuseum.jp/ishi/

周辺は芝生広場、遊具、石の作品があります。
これが”石匠の里公園

Img_3833
車を停めて歩いてゆく。
階段からのルート
坂道カーブのルート

どちらにしてもヒールじゃ辛かった[E:sweat01]

Img_3827

ん〜、
まだ蕾が多い状態。
満開まであと数日かな?

Img_3830

ひとまず展望台へ。

Img_3804

休憩所あり。

Img_3805

青空と屋島と海と
そしてが入り込むこの景色[E:sign03]

ああ、満開が待ち遠しい。

Img_3808_2

桜色の雲海のようになるらしいですよ。
今年こそ見たい。。。

Img_3816_2

おそらく明日は筋肉痛[E:gawk]

posted by FM香川 at 10:34| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする