2015年11月02日

【“勝手に夏休み”その6】 ★ ナカイ ★

9月27日(5日目午後)
ミハスの後向かったのは、アンダルシア地方の中心地、グラナダ。
イベリア半島最後のイスラム王朝が栄えた古都は人気の観光地。

[E:bus]  [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus] [E:bus]

[E:annoy] 有名なアルハンブラ宮殿へ

Dscf1647jpg

その日のHOTELからすぐ傍にアルハンブラ宮殿入り口が。
宮殿全景図で説明してくれた、現地ガイドさん。

[E:flair] イスラム芸術の最高傑作、アルハンブラ宮殿。
スペイン最後のイスラム王朝(ナスル朝)の王宮は、
かつての栄華を髣髴とさせる素晴らしい姿をとどめている
と同時に、“王族達の夢の跡”、哀愁漂う雰囲気に
思わず惹き込まれる場所でもあります。

Dscf1651jpg
見事に整備された庭園・・というか、もはや“森”!

Dscf1653jpg
ものすごい数の木々、草花でしつらえられ、
さしずめ、“緑の迷路”のよう。

Dscf1655jpg

Dscf1658jpg
アセキアの中庭。「水の宮殿」と呼ばれています。

Dscf1664jpg
アルハンブラ宮殿中庭・・

Dscf1679jpg
水面の映り込みを考えて・・
撮影ポイントから「パシャリ[E:camera]」

Dscf1680jpg
とにかく美しい〜[E:shine]
シンメトリーの眺望にうっとり。

Dscf1686jpg
日本語堪能、オヤジギャグも堪能!
現地ガイドさんと2ショット(笑)

Dscf1688jpg
広大な敷地内のほんの一角・・
「こんな別荘が欲しい;;」
コラコラ、大それたことを!

[E:denim] 実は2回目だったアルハンブラ。
それでも、季節や回遊ルート違えば、感動は別物[E:sign01]
大満足でアルハンブラエリアを後にしたのでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[E:night] 場面変わって、その日の夜

夕食を軽くすませて向かったのは・・

Dscf1690jpg
《洞窟のフラメンコ》会場[E:eye]

Dscf1696jpg
洞窟内部、奥の観客席

   「キターッ!」

Dscf1699jpg
ダンサー登場!

Dscf1706jpg
「SEXY〜[E:heart04]」

Dscf1708jpg
次々出てくるベテランダンサーたち。

[E:heart01] [E:heart01] [E:heart01] [E:heart01] [E:heart01] [E:heart01] [E:heart01] [E:heart01] [E:heart01]

Dscf1715jpg
とびっきりの笑顔を残し、帰っていく“美人”ダンサー。
やっぱり、女性はある程度肉付きよい方がSEXYですよねー
羨ましいゾ[E:sweat01]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[E:night] 帰りに立ち寄った、絶景スポットからは

Dscf1723jpg
昼間散策したアルハンブラ宮殿がライトアップされ
浮かび上がって見えました[E:sign01]

〜 その6 終了 〜

posted by FM香川 at 17:04| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする