2016年10月09日

【“勝手に夏休み2016”その5後半】★ナカイ★

〜 5日目ベルリン後半 〜
国会議事堂周辺を散策後は、いよいよベルリンならではの場所へ。
東西の壁で分断されていた歴史的な場所、その跡を辿ります。
ブランデンブルク門.jpg
連邦議事会議事堂(国会議事堂)から歩いて戻り
やってきました、ブランデンブルク門。
1791年に建造されたもので、まさにこの近くに
東西の壁が造られたことにより、東西分裂時代は
門を通行できませんでした。
説明の看板.jpg

説明版2.jpg
かつての壁が、この周辺にどのように
張り巡らせていたのかを説明した立て看板。
ちなみに、この看板があったのは旧東側の広場。
(※ベルリンの壁Berliner Mauer)は、

第二次大戦後,に敗戦国ドイツの首都ベルリンが

東西に分割され、1961年夏に突然西ベルリンの

周囲を取り囲む形で建設された壁。

この壁はドイツ分断と東西冷戦の象徴とされ、

あまた悲劇の現場ともなった。)

その後、少し移動し、壁を間近に見る・・・👀

壁跡地.jpg

壁の断面.jpg

横から断面を見る・・幅は場所によって15〜30cmくらい。

たかだかこれだけの厚みで、民族が分断されていたとは!!

東西をまたぐ.jpg

27年前までは、右足と左足が別世界だった💦

壁の跡は、いろんな形でその場に遺されています。

悲劇の象徴、その記憶を風化させないために・・。

ゲシュタポの詰め所跡地.jpg

向こうに見えるのは、かつてのゲシュタポ詰め所跡。

ゲシュタポ詰め所跡2.jpg

かつては小部屋に分かれていたであろう所が
ブース状になっていて、歴史的写真や新聞記事などが

展示されています。記念館というほどでもない、
半屋外の掲示板というかんじ。。

        💨

バスで少々移動して向かったのは「イーストサイドギャラリー」。

壁画2.jpg
一般的にイメージする「壁」というとこんな感じでは?

こちらはシュプレー川のすぐ隣のミューレン通りにあり、
ベルリン屈指の観光スポットになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
オープンギャラリーとして開放された壁には、世界中の
アーティストに描かれた作品が並んでいます。

(富士山モチーフの日本人の作品もあったよ!)

中でも一番人気(?)有名なのはこちら

壁画1.jpg

なんとな!
二人のオジちゃんが熱烈キスを交わしている絵が

旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東ドイツのホーネッカー書記長の
キスシーンで、「兄弟キス」或は「独裁者のキス」と
呼ばれているとか;

        💨

いちいちバス移動ですが、この辺りは市内をグルグルしているだけで;

ホロコースト犠牲者たちの墓地をイメージ.jpg

再度ブランデンブルク門近くまで通りかかった際に見えた

長方形のコンクリート群、「ホロコースト記念碑」。
虐殺されたユダヤ人のための慰霊碑群だそう。
地下には情報センターがあって、部屋ごとに強制収容所で
亡くなった人々の身元が展示されているそうです。
見聞きすると観光気分は一蹴されますが、見ておくべき
(知っておくべき)場所のひとつでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日再び、目抜き通りのウンター・デン・リンデンから
移動中に見えた美しい大聖堂。

DSCF3028.JPG

「ベルリン大聖堂」

プロテスタントの教会としては、ドイツ最大とか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に立ち寄ったのは「ベルリン絵画館」

カメラOKでしたが、まあ中を撮るのはほどほどに😖
ベルリン絵画館2.jpg

ベルリン絵画館1.jpg

名画の前で一休み;.jpg

名画に囲まれ、癒されたひととき・・

この日のホテルベルリンのインターコンチ.jpg

この日のホテルはBerlin Intercontinental 
観光最終日となる翌日に備え、早めの入りでした〜。

“勝手に夏休み2016その後後半”終了
〜to be continued〜





















posted by FM香川 at 16:25| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【“勝手に夏休み2016”その5前半】★ナカイ★

【“勝手に夏休み2016”その後】
〜 来たーツ !!  ベルリン 〜
驚きと感動の連続だったドレスデンを後にした我々一行。
この日は、旅の最後の拠点となるベルリンへ移動。
        💨     
ベルリンの壁跡のライン.jpg
車の隙間から、なにやら2重に敷き詰めた石畳のようなラインが・・
これが「ベルリンの壁」跡のラインだそうです!
まず訪れたのは国会議事堂。
国会議事堂全景.jpg
だだっ広い敷地にある連邦議会議事堂(国会議事堂)。
実はこの敷地内に入る時にもセキュリティー・チェックがあります。
※ドイツ国旗の後ろ側。
石造りの議事堂の上に、ちょっと見えているドームは???
国会議事堂屋上ガラスドーム.jpg
専用エレベーターで昇ってみると・・
ガラスドーム中.jpg
こ〜んな近代的なガラスドーム(展望台)になっているんです。
ガラスドームのレストラン.jpg
反対側に回ると、そこは展望レストラン🍴🍸
ベルリン市街地が一望できます👀
ガラスドームレストランのサラダ.jpg
出てきたお料理の、これまたお洒落なこと!
サラダの赤いドレッシングは、フランボワーズ風味
🍴 🍴 🍴 🍴 🍴 🍴 🍴 🍴 🍴 ☕
ランチを終えてまたエレベーターで地上へ・・・
       
国会議事堂.jpg
さっきまで近代的(むしろ近未来的)なガラス張りの中にいたのがウソみたい;
この屋上・・なんですよ💦
国会議事堂前面。
さらに視線を左に移動していくと・・ ← 👀
議員会館i.jpg 
中央のだだ広い敷地奥のこの建物は、「議員会館」。
さらに左には・・ ← 👀
首相官邸.jpg
こちらは「首相官邸」。
なーるほど、首脳陣たちが同じ敷地内に住んでいると
いざ!という招集がかかった時に便利!ですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【“勝手に夏休み”その5ベルリン前半】終了
〜 to be continued 〜




posted by FM香川 at 09:21| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする