2017年01月13日

【3つのスピーチ・・】★ ナカイ ★

今週(1月8−13日)は、期せずして三つの印象深いスピーチを聞いた。
その1:アカデミーの前哨戦とも言われるゴールデン・グローブ賞
授賞式での、名優メリル・ストリープの、次期米大統領への抗議ともとれる、“決して好戦的ではない”が、“深淵”なコメント。
その2:任期の終わりに寄せた、オバマ米大統領のThe last スピーチ。
理想主義を掲げ、それをときに揶揄されながらも、誠実さと慎み溢れる名スピーチに心が揺さぶられた。
その3:次期米大統領の就任直前記者会見場での話しぶり。
多くは語らない語れない語りたくないが、心がかき乱される思いがした。

三者それぞれの立場でのそれぞれのシチュエーションでのそれぞれの持論。
“言葉のチカラ”(時に威力)って凄いものなのだ・・と。
“見せ方”“伝え方”によって、それを見る者聞く者にとって
自分が思う以上の力が及ぶものなのだ・・と。

せめて、心拍数の振り幅を不安材料にだけ留めるのではなく
ある部分は前方からの学びだと、ある部分は反面教師だと、
自分で見極めたい、今週末のナカイでした。

posted by FM香川 at 09:25| Comment(0) | 中井 今日子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする