2010年11月28日

コレ、ホシイデス!(蒲野)

僕はモータースポーツ好きを標榜してきましたが、ラリーやF1からメジャーワークスが次々に手を引くのを見て「いつまで内燃エンジンでレースやってるの?」と思っていました。ハイブリッドカーさえも過渡期の技術でしかなく、一刻も早く脱化石燃料を果たすために「電動自動車・電動バイク」でレースをやって、一般車両に技術をフィードバックするべきだと考えています。


そんな僕は、通勤手段として100ccのソフトバイクを利用しています。これだと維持費は安いし、省エネだし、街に出たときも駐車場代も要らない・・・といい事づくめ。せいぜいデメリットと言えば、雨の日・厳冬期と酷暑期が辛いというくらいでしょうか?


ただ、100ccのバイクですから二酸化炭素の排出量など車に比べたら知れたものですが「0」ではない・・・ということで、前々から「電動バイクが20万円くらいで手に入るようになったら喜んで乗り換える」と、本気で考えています。そんな中で、今日届いたばかりのNational Geographic誌の特集で見たこのバイクに目をむきました。


Images_2


アメリカ・Brammo社製・エナーシャ・・・
来年リリースされる新型「エンパルス」では、時速160Km、航続距離も160Kmだとか。


動画はこちら


一台70万円〜130万円(本国・アメリカではEV減税を適用して60万円くらいらしいですが、それでも・・・)と、とても手が出るものではありませんが、コレ、ホシイデス!
posted by FM香川 at 22:08| Comment(2) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども!お久し振りです。電動バイクですか〜。電動スクーターはこないだマルナカで売ってました…。航続距離はたかが知れてますが、良く走るらしいっすね。通勤用に一台欲しい…が、航続距離が足りない…。ど〜ゆ〜感覚なんでしょね?たしかモーターのばやい動き出す時に最大トルクが出るとか。ウイリーすんのかな?仕事で使ってるバッテリーリフト(私ゃプロのオペレーターなのよっ)みたいにギューンと加速すんのかな?一度試してみたいもんです。でも…私ゃ2ストジャンキーでして、2ストスクエア4のあの加速と音がわすれられまへんな〜。置いときゃよかった。しかし、今の時代2ストロークなんて環境に最悪だし、燃費だって8km/Lだったし、エコぢゃな〜い。4ストロークだってマルチならヨシムラ集合の音、たまんないし…。知ってました?集合菅考え出したのポップ吉村様だって事。此から先ど〜なるんでしょうね?やっぱ電動バイクや電気自動車の世の中になるのかな?取りあえずハイブリッドが欲しいけど、今のほどエコではない我が愛車で暫く走るつもりです。だってエンジンはSR20DEなんですもの…(でも今のより良く走る)。ではでは。
Posted by いちごおやぢ一号 at 2010年11月29日 23:57
いちごおやぢ一号さま、コメント有難うございます。

マルナカで・・・そう、このBrammoもアメリカでは家電用品展などで売られるそうです。今度、Y社からスクータータイプがでるそうですが、このBrammoを見てしまうと、ちょっとまだ未完成な気がしています。

モーターの場合、トルクの出方もさることながらその大きさも違いますので、加速感はガソリンエンジンの比ではないか・・・と、不用意にアクセルを開けると危険かも。

2ストエンジンのピーキーな性格は、まるでドッカンターボのようで面白いのですが、一方であの音は少し品がないかな?あと、マフラーから飛び散るオイル滓にも随分悩まされました。

今は、4ストエンジンの「メカ感」の方が魅力的です。同じ4ストエンジンでも日本車と外車は、味付けの全然考え方が逆で面白いですよ。

あれ?このエントリーは「エコ」の筈だったのだが・・・
Posted by 蒲野 at 2010年11月30日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: