2011年07月28日

富士山だより 2011 Vol-1 (蒲野)

今年も、コスモ アースコンシャス アクト クリーン・キャンペーン in Mt.Fujiが、先週の7/23-24の二日間開催されました。



Photo_7



直前に台風6号が来てヤキモキしましたが、関東は南海上を通り過ぎた関係で、北からの寒気が覆い寒いほどでした。でも、そのお陰で当日は富士山クラブの皆さんが驚くほどのいい天気。富士山がくっきり見えました。



Photo_8



過去10回の内、9回という過去最多出場を誇る(?)私と一緒に香川から参加したのは、「あんどん」さんとリカちゃん(小6)親子。いつでもどこでもペッタリくっついていて本当に仲がよく、周りのパーソナリティやリスナーさんが思わず目を細めるほど・・・



Photo_9



今年の会場は、ここ3年間同じ、山梨県富士吉田市の檜丸尾キャンプ場入り口です。富士山レーダードーム記念館がある道の駅・富士吉田で食事を済ませ、徒歩で現地入り。そしていつものようにアルピニスト・野口健さんの「ゴミをやっつけるぞ〜!」という掛け声のもと、全国から集まったパーソナリティ・リスナー約100人が樹海の中に入っていきます。



Before



3年目ともなると、さすがに目立ったゴミはないか・・・と思うのは、まだ早い。樹海の中では、ゴミの上に落ち葉が積もって土に変わる・・・というプロセスでどんどん埋まっていき、その上を緑が覆う結果、一見何もない様に見えるだけです。不法投棄をするような輩は、目立たないように土に埋める、なんて慎ましいことはしません。



Photo_2



土にシャベルを入れて掘り返すと出るわ出るわ・・・家電製品は言うに及ばず、タイヤ、家具、衣類。僕らの掘っていた場所は、建築資材のトタン板などが大量に出てきました。リカちゃんは、主に種類別に袋詰めする係で頑張ってくれました。



Photo_3



何度も言いますが、ここは既に3回目のチャレンジということになりますが、未だにこんなに出てくるんです。



Photo_6



今年のクリーン・キャンペーンは東日本大震災の支援プログラムとして、全国のクリーン・キャンペーンで収容したゴミ、1リッターにつき10円としてJFNヒューマンコンシャス募金を通して義援金を送る事になっています。後日、富士山クラブから最終的な集計が出ましたが、それによりますと、今年の富士山では25,110リットルが回収され、その結果25万1100円が義援金となりました。



☆おまけ☆
ゴミが捨てられているとはいえ、富士山は自然豊か。清掃活動の合間にも色々な生き物に出会うこともあります。今回掃除を終えて、道の駅・富士吉田に戻って、お手洗いを済ませて、ドリンクでも買おうか・・・とバッグを開けた途端にこんにちは・・・



Photo_10



参考:左に写っている手帳の横幅が約10cmです。

(続く)
posted by FM香川 at 15:06| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: