2012年06月26日

チラリ|ω・)恵美ぶろぐ。。「赤糸威梅金物付星兜」!

オカピ殿より、
素敵な東京土産を頂戴したぞぉ[E:dash]

故に…作る[E:punch]

Photo


「赤糸威梅金物付星兜【あかいとおどしうめかなものつきほしかぶと】」


鎌倉時代を代表する兜です[E:sign03]
テンションあがりますねー[E:up]

確か『平治物語絵巻物』とかにも、
鍬形付赤糸威の兜を纏った武者が登場したはず…

大河ドラマ『義経』で滝沢秀明さんが着用していた物も、
これに近いかと[E:sign01]
『平清盛』にも近い物が登場しているかもしれませんね[E:flair]

是非、兜にも注目しながら見てみて下さい[E:good][E:shine]



それでは、作りますかの[E:up]



まずは、パーツを切り取ります[E:hairsalon]

Photo_2


はさみやカッターを使用しながら、慎重に[E:bearing][E:sweat01]
細かい切り込みもありますからね…


Photo_3


これで、パーツをすべて切り離しました[E:note]

やはり肝となるパーツは、兜の鉢と金物ですね[E:dash]

美しい半球と滑らかなカーブを目指すぜ[E:happy02][E:heart04]


Photo_4


兜の鉢の前に、兜飾りスタンドも組み立てました[E:sign03]

鉢…結構良い感じに出来たような気がしますぞ[E:scissors]

何かスイカ…みたいだけど(笑)



さぁ[E:sign01]後は、一気に組み立てます[E:sign03]

手は木工用ボンドでパリパリですが、
ベリベリはがしながら、ラストスパート[E:happy01]


Photo_5


どやぁぁあぁあああぁぁ[E:heart01][E:heart01][E:heart01]

全てのパーツを組み終えました[E:heart04]

後は、木工用ボンドが安定するのを待って、
兜飾りスランドの上にセット[E:shine]


【完成】

Photo_6

カッコイイ[E:up][E:up]
最近のペーパークラフトはすごいぜ[E:dash]

それに、やっぱり赤糸威は鮮やかで映えますね[E:happy02]

平安時代から鎌倉時代頃の兜は、
吹き返し(兜両側の上方へ反り返っている部分)が大きいのも
特徴のひとつなんですが、
それが美術品的な美しさも高めているような気がします[E:lovely]

美しい[E:shine]

もちろん完成品は、我が家の玄関に[E:sign03]

ちなみにその横には、
「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の刀の鍔のレプリカ[E:catface]

中世〜戦国入り乱れなう(笑)

posted by FM香川 at 18:46| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カッチョイイ〜!!当世具足もいいけど、平安・鎌倉に見られる吹き返しは重要ですよね!
そして、長鍬形ってのがいいッスo(^o^)o大鍬形も、力強く見えるけど、長鍬形は美しいですよね!
恵美殿は「赤糸威の星兜」に、そそられるってことは、鎧は「胴巻き」より「大鎧」の方が好きなのかな・・・
・・・って言うか、恵美ちゃん・・・「歴女レベル」が高くないですか?内容が、濃いですよ!(オイラは大好物ですけどね)
Posted by 参謀 at 2012年06月27日 16:53
To:参謀さん
平安中期〜鎌倉・室町辺りなら、やはり「大鎧」ですねぇ…でも「胴丸」も良いです♪
安土桃山辺りまでくると、「当世具足」は西洋の影響もありますからまた面白い☆
コメントありがとうございます!
Posted by 恵美友香織 at 2012年06月28日 12:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: