2012年11月30日

Black Fridayって「大恐慌」じゃないんですか?

人間、知っているようで知らないことは多いと、最近、思い知らされました。

今年になってよく聞く「ブラック・フライデー」という言葉があります。実際はいつ頃から使われていたかはわかりませんが、僕については、今年、21st KeynoteのFacebook ページの記事を作るために海外サイトを徘徊しているうちにあちこちで見かけました。

Black Friday・・・僕は、反射的に「大恐慌でも起きたのか?」と思いましたが、そんなニュースはありません。不思議に思いつつ放っておいたのですが、先日、四国学院大学のクリスマスイルミネーション点灯式の取材の時、学長先生のスピーチの中で「答え」が分かりました。

学長先生は「今、何もかもが商業主義に流されている」という現代を憂い、キリスト教の精神に基づき、みんなで苦も楽も分かちあう中に未来がある・・・というようなことを話されました。そして・・・「感謝祭の次の金曜日からクリスマス商戦がスタートし、商売が黒字になることから、Black Fridayと言っていますが・・・」

なんと、大恐慌どころか大盛況だったのです!

そうか、大恐慌は「Black Monday」だった・・・やっぱり、何事も広くアンテナを広げてキャッチしておかないと恥をかくなぁ、と思った年の瀬の夜でした。

121128shikokugakuin

posted by FM香川 at 10:16| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: