2012年12月31日

・・・・・ウィ〜〜ン☆井川

「師走」・・・師も走るほど、忙しく慌しい時期とよく言われますが、そういう時に限って、こういうことは起こります。

☆☆☆☆☆

高松市内のコインパーキングにて。
一時間ほど駐車したアト、精算しようとすると、表示は300円也。財布を取り出す・・・「あ、小銭がない。」

でも、安心!近頃の精算機は、ちゃんと千円札も受け付けてくれるから。千円札を取り出し、精算機に入れると、2秒後ぐらいに、ウィ〜〜ンという音と共に千円札が戻ってくる。

もう一度・・ウィ〜〜ンまた戻ってくる。さらにもう一度。ウィ〜〜ン、やっぱり戻ってくる。
「あれ?折り目がついてるのかな?」

財布の中を見ると、ラッキーなことに、他にも千円札が4枚。
別の紙幣で再チャレンジ!・・・・・ウィ〜〜ン、「うわっ!これもあかんの!!」

次の紙幣・・・・ウィ〜〜ン・・・その次の紙幣・・・・・・ウィ〜〜ン・・・・・

5枚目・・・・ウィ〜〜ン・・・・・裏返してみる。

・・・・・・やっぱり、ウィ〜〜ン。

ありえん!なんでやねん!!そして、まわりに視線を移すと、またええ感じのところに、ちゃんとジュースの自動販売機がある。しかも、こんなに寒いのにタイミング悪く「あたたかいドリンク」が全部売り切れてる〜〜!!!「うぉ〜〜!!!!!!!!」

結局、極寒の中、キンキンに冷えたドリンクを購入し、そのお釣りで、精算機に小銭で投入し支払いを済ませた。

師走の一コマ。
5人の夏目漱石も悲しそうにボクを見つめていた気がする。来年はいい年になりますように。

Photo_2

posted by FM香川 at 13:55| Comment(0) | 井川 達雄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: