2017年12月13日

ドンドン先祖還り(蒲野)

今年の初め頃、知人から「70万円のカートリッジでレコードを聞きませんか?」というお誘いを受けて、それでアナログレコードを聴いてちょっとした衝撃を受けました。

そのカートリッジで聞くと、同じレコードなのに「エッジがたった音なのに刺激的でなく」、「低音が豊なのにドボンドボンでない」・・・つまり、今まで聴いていた音よりも全帯域でバランスよく鳴っているのが判ります。

それまでCDとアナログの違いは「プラシーボ効果」でしかないと思っていたのに、CDでは聞こえていなかった音が次々と現れて、何度「今の音、何?」と振り向いたことでしょう。以来急速にアナログとCDを聞く比率が逆転し、今や8:2の割合でアナログを聴いています。そして、友人たちの間でもアナログ熱が沸騰しました。

そんな中、しばらく前に業界の大先輩から譲り受けたレコード類の中にあったSPレコードは流石に手が出ていませんでしたが、ついに「SPレコード(78回転)」に対応したレコードプレーヤーが我が家にやってきました。・・・という訳で改めてタイトルを見るとかなり貴重な音源が含まれていることに気が付きました。

中でも「美空ひばりのジングルベル」とか「江利チエミのサイレントナイト」とか、時節柄クリスマスソングもたくさん含まれていたので、今年のMusic NightにはSPから起こした音源でクリスマス特集を組んでみます。

ぜひお楽しみに!

SPRecord.jpg

posted by FM香川 at 17:03| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: