2016年04月05日

帰省しました。 蒲野

一年ぶりに帰省しました。今回は家族で帰ったので、向こうでは人に会うこともせず自宅周辺の「花見」で終始しました。

そんな中で、毎回の帰省に楽しみになるお店が見つかりました。アンティークショップ「エリントン」というお店。

名古屋市内の中心部に、70年台NYにでもタイムスリップしたような古い一角があり、そこになんとも「OLD TIME」な店構えが印象的でした。店内に入っても、まさにビンテージな雰囲気が満ち満ちています。店長とはしばらく雑談をしてレコードを二枚ほど買ってきましたが、こちらもなかなかの出物でした。

この店を見つけたのは、偶然。

名古屋は故郷といっても、高校までの「自転車で走れる範囲」しか知りません。まして車など主に乗り始めたのが高松に住むようになってから。だから名古屋市内の都市高速道路の事情などわからず、取り敢えず知っている方面の出口に出て、「こっちの方面」と目星をつけて走っているうちに、信号待ちの時に見つけました。

やはり、「道に迷う」というのは面白いものです。


Ellington.jpg


posted by FM香川 at 12:24| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

地域から子供がいなくなるということ (蒲野)

今日は、今年度限りで廃校になる三豊市の6つの小学校の内、財田中小学校に「ありがとう」のコメントを取りに行ってきました。とても賑やかで人懐こい子供たちでした。校長先生とお話をしていて、本当に「地域に愛された学校」だったのだなと実感しました。

ニジュウマルな放課後という中高生向けの番組のスタッフを7年やっていますと、今回のように「廃校」となる学校への取材もあります。特に「閉校式」にお邪魔した時など、いたたまれないものがあります。

記念碑を披露し、校旗を下ろした後、少しづつ生徒達の声が少なくなり、最後には本当に「風の音」しか聞こえなくなった時、「これが地域から子供がいなくなる」ということか・・・と、身に沁みる思いをしました。
今日も、帰りしな、校舎の写真をとっている時も調子外れな(笑)リコーダーの音色が心地よく聞こえたのですが、もうそれも聞けなくなると、地域の皆様の寂しさも如何ばかりでしょうか。

香川県(のどこかの市だったか?)が、今年、人口が「自然増」したというニュースが有りました。また小豆島や東かがわ(五名地区)など、移住してくる家族も増えていると聞いています。

僕は、少子化は今が「底」と考えていますが、この問題は「産めよ増やせよ」ではなくて、人口分布がもう少し適正になれば日本全体が活性化出来るのではないか・・・ちょっと感傷的になって、こんなことを考えながら財田から帰ってきました。

今年の「ありがとうキャンペーン」は、2月22日スタートです。楽しみにしていてくださいね。

14545783235950.jpg
posted by FM香川 at 19:30| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

ルーツ (蒲野)

160202-Personality.jpg

最近、ある音楽マニアが集うサイトで流行っているのが「私を構成する9枚」という遊び。自分の音楽志向を決定づけているアルバム9枚を選んで、ジャケットを並べて紹介しなさい・・・と、昔からよくやる「無人島へ持っていくアルバム10枚」と同じものです。

僕もやってみたのが写真の9枚ですが、実はこれは、僕が小学校から高校の間に、兄に聞かされて衝撃を受けたアルバムという観点で選んだもの。

でも今の僕の音楽の好みは、殆どこの9枚に源流を見出すことが出来ます。ギターサウンド好きはJeff Beckや高中正義からだし、それはFusion(Stanley Clarke、The Square)好きにも繋がっていく。J-PopならYMOや大瀧詠一、SMBから、そこに名前が出てくる人を挙げれば事が済む。洋楽はUKならPaul McCartneyから、USAならBOSTONから・・・という具合。もちろん、これ以外にも挙げたい作品はあるけれど、残念ながら「9枚」なので。

中学・高校時代まで、兄にはいじめられた記憶しかないけれども、これらのアルバムを聞けたことは感謝せざるを得ません。
posted by FM香川 at 17:55| Comment(0) | 蒲野 誠一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする